コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトランチス Atlantis

翻訳|Atlantis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトランチス
Atlantis

アタランチス,アタランチカとも呼ばれる。プラトンの対話篇『チマイオス』と『クリチアス』でエジプトのサイスの僧によって語られる伝説上の島。ヘラクレスの柱すなわちジブラルタル海峡の西方にあり,強大な国家であったが,のち一夜のうちに海中に没したとされる。その場所は諸説あって決定しがたいが,近年サンドリニ島 (古代のテラ島) の爆発 (前 17世紀) が,この伝承となんらかの関係があるのではないかとも示唆されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アトランチスの関連キーワードリンダ・ディ ジョージブレンダン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アトランチスの関連情報