コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジブラルタル海峡 ジブラルタルカイキョウ

4件 の用語解説(ジブラルタル海峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジブラルタル‐かいきょう〔‐カイケフ〕【ジブラルタル海峡】

ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の間にある海峡。地中海大西洋を結ぶ軍事・交通の要地。ジブラルタルの岩山と対岸のアルミナ岬はギリシャ時代には「ヘラクレスの柱」とよばれ、アトラス神が天を支える柱といわれた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジブラルタル海峡【ジブラルタルかいきょう】

ヨーロッパとアフリカの境,スペインモロッコの間の海峡。地中海と大西洋を結ぶため古来軍事上の要衝である。東西約60km,幅15〜40km。表面潮流は西から東に流れる。
→関連項目タンジール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ジブラルタルかいきょう【ジブラルタル海峡】

スペインとモロッコとの間にある海峡。大西洋と地中海とを結ぶ通商・軍事上の要地。最狭部13キロメートル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジブラルタル海峡
じぶらるたるかいきょう
Strait of Gibraltar

ヨーロッパとアフリカ両大陸の間にある海峡。大西洋と地中海とを結び、その間の長さは約57キロメートル。幅は、イベリア半島最南端タリファ岬の南部プンタ・マロキと、対岸のモロッコのアルカサル・エ・セリルとの間がもっとも狭く約14キロメートル、大西洋側の出入口にあるトラファルガー岬とモロッコのスパルテル岬との間がもっとも広く約45キロメートルである。海上交通および軍事上きわめて重要な地で、地中海側出入口のヨーロッパ大陸岸にイギリス直轄領の要塞(ようさい)ジブラルタルが、アフリカ大陸岸にスペイン領の軍港セウタがある。水深は西端のスパルテル岬沖でもっとも浅く345メートル、深い所はジブラルタルとセウタの間で942メートル。表面潮流は大西洋から地中海へ、毎時平均4キロメートルの速さで流れ込み、下層には塩分濃度の高い反対流がある。両岸の岩山、すなわち「ジブラルタルの岩」とセウタ側のアチョ山は「ヘラクレスの柱」とよばれる。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジブラルタル海峡の関連情報