コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイス Sais

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイス
Sais

ナイルデルタ地帯の西寄りに位置する古代エジプトの都市。現サエルハガル。王朝の成立する時代から下エジプトの中心であったが,前8世紀テフナクトはこの地を中心に第 24王朝を開きその後ネコ1世が王となってここを支配して第 26王朝 (サイス朝 ) を創立し,その子プサムティク1世がここを首都とした。神殿の壁の跡が現存し,また青銅でできた神像なども発掘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイス【Sais】

エジプト,ナイル・デルタ西部の都市遺跡。現在名サー・アルハジャル。下エジプト第5ノモスの主都で,その主神はネイト。非常に古くから知られており,第24,26王朝(サイス朝)においてはエジプトの首都として栄え,多くの神殿や宮殿,墓所がみられる。古来ネイト神殿はヘリオポリスのアトゥム神殿,レトポリスのアヌビス神殿とともに,医療の中心をなしていた。この地の遺跡は近年急速にその姿を消し,有名な割には発掘の成果が少なく,出土品もほとんどが第26王朝のものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サイスの関連キーワードスターダンサーズ・バレエ団プサンメティコス[1世]プサメティコス(1世)マンハッタンの怪人オデッサ・ファイルスターリングシャーエレファンティンアーティファクトエイドス:テロスアヴェンジャー戦士たちの挽歌アトランティスシルビーの帰郷ジャッカルの日サイスミシティ売国奴の持参金カリブの失楽園ネゴシエイターナウクラティスアトランチス

サイスの関連情報