コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナウ Änew

翻訳|Änew

百科事典マイペディアの解説

アナウ

トルクメニスタンのアシハバード付近にある新石器時代鉄器時代にわたる遺跡。1903年―1904年米国学術調査隊によって,また1950年代にソ連の調査隊により発掘された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナウ【Anau】

トルクメニスタン南部のアシガバート東方11kmにあり,先史から歴史時代にわたる3丘より成る遺跡。1904年にアメリカのパンペリー調査隊のH.シュミットが発掘し,北丘で3時期,南丘で1時期の文化層を認めた。北丘下層のI期は新石器時代で,幾何学文の彩文土器,フリントの石器を使い,大麦・小麦栽培,牛・豚・羊・馬の飼育がおこなわれ,次のII期は彩文が単色となり,フリントの鎌・錐があり,銅が初現し,上層のIII期に銅が一般化し,彩文にかわって刻文の土器が多用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アナウの関連キーワードフィヨルドランド国立公園ミルフォード・サウンドウエザーキャスターアンダードッグ効果バンドワゴン効果滝川 クリステルワカティプ[湖]トルクメニスタンティアナウ洞窟有働 由美子ティアナウ湖八木 亜希子生島 ヒロシみの もんた中村 江里子永井 美奈子鬼頭 あゆみサザランド滝テ・アナウ湖中井 美穂

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android