コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナウ アナウÄnew

翻訳|Änew

3件 の用語解説(アナウの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アナウ(Änew)

トルクメニスタンの首都アシガバットの近郊にある町。新石器時代にさかのぼる農耕集落遺跡や、青銅器時代から初期鉄器時代彩文土器が見つかっている。また、15世紀建造のセイットジュマールアッディンモスクの廃墟などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アナウ

トルクメニスタンのアシハバード付近にある新石器時代鉄器時代にわたる遺跡。1903年―1904年米国学術調査隊によって,また1950年代にソ連の調査隊により発掘された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナウ【Anau】

トルクメニスタン南部のアシガバート東方11kmにあり,先史から歴史時代にわたる3丘より成る遺跡。1904年にアメリカのパンペリー調査隊のH.シュミットが発掘し,北丘で3時期,南丘で1時期の文化層を認めた。北丘下層のI期は新石器時代で,幾何学文彩文土器フリントの石器を使い,大麦・小麦栽培,牛・豚・羊・馬の飼育がおこなわれ,次のII期は彩文が単色となり,フリントの鎌・錐があり,銅が初現し,上層のIII期に銅が一般化し,彩文にかわって刻文の土器が多用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アナウの関連情報