コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アネクメネ anoecumene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アネクメネ
anoecumene

人類の非居住地域をいい,エクメネに対する言葉。非居住地域は,一般に寒冷,乾燥,高温多湿の地で,その範囲は食糧の非生産地域とほぼ一致するが,文明の発達や人口の増加などのため,狭くなってきている。今日では,中央アジア,アフリカ,オーストラリアなどの内陸部,雪線以上の高山,グリーンランドの内部,南極大陸などにみられ,高温多湿地は居住化されているところがふえている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アネクメネ(〈ドイツ〉Anökumene)

地球上で、人類が永続的に住んでいない地域。現在では両極地方・砂漠・高山など。非居住地域。アネクメーネ。⇔エクメネ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アネクメネ【Anökumene】

人類の居住がみられない地域。 ↔ エクメネ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アネクメネ
あねくめね
Ankumeneドイツ語

地球上における人類の非居住地域。エクメネに対する語。両極周辺の酷寒地域では、寒さが肉体に与える直接的影響と、酷寒のため衣食住資源が得られないという間接的影響で人類の居住を許さない地域がある。また、乾燥地域(砂漠)では水が得られないための直接的、間接的影響で、熱帯地域では極端な湿熱の影響で、また高山では日照不足と空気、気圧の不足で、それぞれ人類の居住を許さない非居住地域がみられる。[岸本 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android