コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アネクメネ アネクメネ anoecumene

4件 の用語解説(アネクメネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アネクメネ
アネクメネ
anoecumene

人類の非居住地域をいい,エクメネに対する言葉。非居住地域は,一般に寒冷,乾燥,高温多湿の地で,その範囲は食糧の非生産地域とほぼ一致するが,文明の発達や人口の増加などのため,狭くなってきている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アネクメネ(〈ドイツ〉Anökumene)

地球上で、人類が永続的に住んでいない地域。現在では両極地方・砂漠・高山など。非居住地域。アネクメーネ。⇔エクメネ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アネクメネ【Anökumene】

人類の居住がみられない地域。 ↔ エクメネ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アネクメネ
あねくめね
Ankumeneドイツ語

地球上における人類の非居住地域。エクメネに対する語。両極周辺の酷寒地域では、寒さが肉体に与える直接的影響と、酷寒のため衣食住資源が得られないという間接的影響で人類の居住を許さない地域がある。また、乾燥地域(砂漠)では水が得られないための直接的、間接的影響で、熱帯地域では極端な湿熱の影響で、また高山では日照不足と空気、気圧の不足で、それぞれ人類の居住を許さない非居住地域がみられる。[岸本 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アネクメネの関連キーワード仲介者人類愛人類教人類史物語人類の戦士ドーム/―人類の箱舟《人類の起源》《人類の血族と姻族の諸体系》《人類の戦士》《人類の半数である女性の訴え》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone