アノーソクレース(読み)あのーそくれーす(英語表記)anorthoclase

日本大百科全書(ニッポニカ)「アノーソクレース」の解説

アノーソクレース
あのーそくれーす
anorthoclase

アルカリ長石の一種。結晶は短柱状ないし粒状のことが多く、正方あるいは斜方の外観を有する鉱物。アルカリ流紋岩、粗面岩フォノライトなどの斑晶(はんしょう)として産するほか、まれにサニディナイト相に属する高温低圧条件下の生成になる変成岩(火山岩の捕獲岩など)中に産することがある。アノーソクレースのうち、青白い彩光を発するものは月長石ムーンストーン)といわれ、日本では長野県大町市木崎湖畔付近に分布する石英斑岩の斑晶として産するものが有名である。名称は、二方向の劈開(へきかい)が互いに直交しないという意味のギリシア語に由来する。

[松原 聰]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android