コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバール

百科事典マイペディアの解説

アバール

5―9世紀に中央アジア,東欧,中欧に活動したモンゴル系の遊牧民族。6世紀にトルコ系民族の圧迫を受けて西進し,スラブ系諸族を従え,一時はエルベ川から黒海に及ぶ大勢力となった。
→関連項目フンヘラクレイオス[1世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アバール【Avars】

モンゴル系の遊牧騎馬民族で,人種的にはフン族と近縁関係にある。中国の史料に現れる柔然と同一民族であるとの説もあるが,確実でない。確実なのは東部中央アジア(東トルキスタン)にいたとき,エフタル人などとともに一時柔然の支配下にあったことで,北魏太武帝が柔然を打ち破った(426)のち,その支配から独立したものと思われる。アバール人は460年ごろカスピ海沿岸に現れ,フン系ブルガール人の諸部族を支配下に置いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アバール
あばーる
Avars

フン人と近縁のモンゴル系遊牧騎馬民族。5世紀中葉カスピ海北辺、ドン川下流域に出現、やがてトルコ人に圧迫されてヨーロッパに移り、6世紀中葉にはハンガリー平原に進出、ゲピード人を滅ぼし、ランゴバルト人のイタリア移動後、ドナウ中・下流域を中心に大帝国を建てた。565~566年チューリンゲンに侵入、ビザンティン帝国領内にも侵入を繰り返したが、7世紀中葉よりしだいに勢力が衰えた。788年のバイエルン侵入を機に、フランク国王カールは反撃に転じ、息子のピピンもアバール人の本拠を攻めた。9世紀に入りブルガリア人が勃興(ぼっこう)、アバール人の残存勢力を徹底的に破り、9世紀末東方から侵入したマジャール人に吸収されて、アバール人は姿を消した。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアバールの言及

【ドナウ[川]】より

…5世紀末にはスラブ人がドナウ国境に姿を見せ,6世紀初めからドナウ川を越えてローマ領に侵入しはじめた。 東方の遊牧民のアバール人は573年ごろドナウ川を渡り,582年には国境線上の最重要都市シルミウムを落とし,次いで近くのシンキドゥスム(現,ベオグラード)以下の町を破壊した。この結果,ドナウ国境は放棄され,アバールとともに多数のスラブ人がバルカン半島になだれ込んできた。…

※「アバール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アバールの関連キーワードセルギウス[コンスタンチノープル]ティベリオス・コンスタンティノスヘラクレイオス[1世]ヘラクレイオス(1世)ラスル ガムザートフカルル1世(大帝)ダゲスタン諸言語キュステンディルヘラクレイオス朝ユスチニアヌス朝タッシロ[3世]ランゴバルド王国ヘラクレイオスユスチヌス2世カール[大帝]アバールデータヘラクリウス朝ビザンチン帝国チベリウス2世ゲオルギオス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android