アフリカジャコウネコ(英語表記)Civettictis civetta; African civet

  • Viverra civetta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食肉目ジャコウネコ科。体長 67~80cm。体はがんじょうで,ジャコウネコ類中最も大きい。毛は長くてあらく,剛毛がある。体の地色は灰色または鈍黄色で,白または鈍黄色の斑点や帯斑がある。日中は密生した藪の中や,ツチブタなど他の動物が掘った穴の中にいる。臭腺がよく発達し,悪臭をつけて行動圏を示す。アフリカのセネガルから中央部を経てソマリアまでと,南アフリカに分布し,おもにサバナにすむが,ときには密生した森林にもすむ。 (→ジャコウネコ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ジャコウネコ科の動物。サハラ砂漠以南のアフリカに分布する。頭胴長80~95センチメートル、尾長40~53センチメートル。肩から背の中線を通り、尾端に達する顕著な黒帯がある。

[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフリカジャコウネコの言及

【シベット】より

…胴には黄褐色の地に黒色の縞か斑点があり,首の下面を横切る顕著な黒帯と白帯がある。背筋に,逆立てることができる〈たてがみ〉状の長毛を備えたジャコウネコ属ViverraのアフリカジャコウネコV.civetta(サハラ以南のアフリカ),インドジャコウネコV.zibetha(イラスト)(ネパールから中国南部・マラヤまで),マレージャコウネコ(ジャワジャコウネコ)V.tangalunga(マラヤ,スマトラ,ボルネオ,フィリピン)などと,そのような〈たてがみ〉のないヒメジャコウネコ(コジャコウネコ)Viverricula indica(イラスト)(インド・スリランカから中国南部まで,台湾からスマトラまで分布。ジャワ,バリ,マダガスカルなどに移入されたものは野生化)がある。…

※「アフリカジャコウネコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android