アブデュルハミト[2世](読み)アブデュルハミト

百科事典マイペディアの解説

アブデュルハミト[2世]【アブデュルハミト】

オスマン帝国末期の専制君主,第34代スルタン。在位1876年−1909年。1876年憲法を発布,議会の開設を行い,第1次立憲制をしくが,露土戦争(1877年−1878年)を機に専制政治を始める。オスマン帝国の解体を避けつつ西欧化をはかった。露土戦争の敗北でバルカン領土の大半を失う。政治的には独立を維持したが,経済的には帝国主義諸国の支配下に組み込まれた。1908年〈青年トルコ〉派の若手将校が専制政治に対して武装蜂起,第2次立憲制をしいたが,翌1909年退位させられた。
→関連項目エンウェル・パシャフサイン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブデュルハミト[2世]【Abdülhamit II】

1842‐1918
オスマン帝国末期の専制君主,第34代スルタン。在位1876‐1909年。即位当初,バルカン諸民族の保護を口実としたヨーロッパ諸列強の干渉をかわすために,改革派政治家ミドハト・パシャらの起草した憲法(ミドハト憲法)を発布(1876)し,議会を開設した(第1次立憲制)。1877‐78年露土戦争を機に憲法を停止し議会を閉鎖して専制政治を開始した。彼の専制政治は全世界のイスラム教徒大同団結を求めるパン・イスラム主義をシンボルとしたが,真の目的はそれによってオスマン帝国の分裂・解体を阻止しようとするところにあった(オスマン主義)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアブデュルハミト[2世]の言及

【パン・イスラム主義】より

…しかし,パン・イスラム主義という言葉自体は,1870年代後半のヨーロッパで造語され,急激に広まったものである。19世紀末オスマン帝国スルタン,アブデュルハミト2世は,帝国の解体を阻止するため,逆に世界のイスラム教徒への影響力の強化を企て,アフガーニーを利用しようとしたり,ダマスクス~メディナ間のヒジャーズ鉄道(巡礼鉄道)を建設したりした。1914年,第1次世界大戦にオスマン帝国が参戦したとき,世界のイスラム教徒に向けてジハードが宣せられたが,ほとんど反応はなかった。…

【ヒジャーズ鉄道】より

…1900年5月のオスマン帝国スルタンによる勅令によって建設が決定され,その表向きの目的は,イスラム教徒のメッカ巡礼に便宜を供することであった。しかしその背後には,聖地ヒジャーズの支配を維持し,かつパン・イスラム主義を標榜することによって,離反しつつあるアラブを支配下につなぎとめておこうとするスルタン,アブデュルハミト2世のオスマン主義の動機が隠されていた。この鉄道は,スルタン自身を含め,全世界のムスリムの寄付によって資金を得た(ただし,半ば強制的なものもある)ところに,同時代に建設されたバグダード鉄道と性格を異にするものがある。…

【ミドハト・パシャ】より

…その後,スルタンに疎まれて不遇時代を送ったが,76年5月,軍隊の協力も得てスルタン,アブデュルアジーズの退位,ムラト5世の即位に成功した。その後さらに,アブデュルハミト2世を即位させて憲法の起草に努力し,76年12月には自ら大宰相となり,アジアで最初の憲法(ミドハト憲法)を発布した。しかし,1ヵ月半後にスルタンにより辞任させられ,国外に遠ざけられた。…

※「アブデュルハミト[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android