コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベドン アベドン Avedon, Richard

5件 の用語解説(アベドンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベドン
アベドン
Avedon, Richard

[生]1923.5.15. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]2004.10.1. テキサスサンアントニオ
アメリカファッションおよび肖像写真家。 1945年から 1965年までより有力ファッション誌『ハーパーズ・バザー』に常時作品を掲載,その後『ヴォーグ』,『ニューヨーカー』と活躍の舞台を移した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アベドン

米国の写真家。ニューヨーク生れ。コロンビア大学で哲学を学んだ後,1944年よりブロドビッチのもとで写真を学ぶ。1946年ニューヨークに〈リチャード・アベドン・スタジオ〉を開く。
→関連項目ムンカッチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アベドン【Richard Avedon】

1923‐2004
アメリカの写真家。ニューヨーク生れ。高校卒業後,商務省写真部に所属。1945‐65年《ハーパーズ・バザー》誌スタッフ写真家,66‐75年《ボーグ》誌スタッフ写真家。第2次大戦後パリの街を舞台に映画のシーンのような物語性と動きに満ちたファッション写真で一躍スターとなる。50年代終りから,ファッションの背景を街からスタジオに移し,動きは残したがバックは白で消去する方向に行き,ついに動きも止めてしまう。白バックを背に人が立ちつくしている彼の肖像写真はこうして生まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アベドン【Richard Avedon】

1923~2004) アメリカの写真家。「ハーパース-バザー」誌にダイナミックなファッション写真を発表、人気写真家となる。アメリカ社会を鋭くえぐる肖像写真家としても知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アベドン
あべどん
Richard Avedon
(1923―2004)

アメリカの写真家。おもにファッションやポートレートを手がけ、商業写真の分野で国際的に活躍。ニューヨークに生まれる。少年期より詩と写真に非凡な才能を示したという。第二次世界大戦後、ニューヨークの公立学校を経てコロンビア大学に学び、在学中の21歳からファッション写真界に進み、そこで著名なアート・ディレクター、アレクセイ・ブロードビッチAlexey Brodovitch(1898―1971)に出会う。彼の推挙で『ハーパーズ・バザー』誌の専属スタッフとなり高い評価を受け、続いて『ライフ』や『ボーグ』でも活躍、1950年代にはいち早く写真家として不動の地位を獲得した。彼の写真表現は、優雅さの典型を雄弁に語る美学をもつのみならず、豊かな人間性に根ざした鋭い人間観察を介して、普遍的に通用する人間味を巧みに描き上げる。代表作でもある作品集『オブザベーションObservations(1959)や、作家ジェームズ・ボールドウィンとの共作『ナッシング・パーソナル』Nothing Personal(1964)などはその好例である。[平木 収]
Observations(1959, Simon & Schuster, New York) ▽Richard Avedon, James Baldwin Nothing personal(1964, Atheneum, New York)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アベドンの関連キーワードストランドニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパブラディカズヨナカノニューヨーク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アベドンの関連情報