アベル(旧約聖書)(読み)あべる(英語表記)Abel

翻訳|Abel

日本大百科全書(ニッポニカ)「アベル(旧約聖書)」の解説

アベル(旧約聖書)
あべる
Abel

旧約聖書』の「創世記」に述べられている人類の始祖アダムとイブ次男。ヘブライ語でhebel/hābelとつづる。彼の(ささ)げる供物(犠牲(いけにえ)の子ヒツジ)が神に受け入れられるのをみて、兄カインは彼をねたみ、アベルを殺害する。人類最初の兄弟殺しの犠牲者であり、また後の殉教者の祖型とも解される。

[月本昭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android