コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポロニオス・デュスコロス Apollōnios Dyskolos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポロニオス・デュスコロス
Apollōnios Dyskolos

2世紀のギリシアの文法学者。アレクサンドリアの人。アポロニオスが本名で,デュスコロスは「難解な」という意味の一種のあだ名。彼の著述のうち4つがいまに伝わっており,それぞれ『統辞論』『代名詞』『接続詞』『副詞』である。『統辞論』は,語の機能から単語同士の結合を考えたもので,後代に与えた影響は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アポロニオス・デュスコロスの関連キーワードアレクサンドリア学派プリスキアヌスヘロディアノス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android