コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマチュア演劇 アマチュアえんげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマチュア演劇
アマチュアえんげき

一般に職業としての演劇に対して,職場,地域,学校などで行われる非職業的な演劇をいう。狭義には学生演劇学校劇を除いた演劇をさす。職場演劇は 1920~30年代前半のプロレタリア演劇運動によって生れたが,弾圧によっていったん影をひそめる。第2次世界大戦後,労働運動の急激な展開につれて一斉に開花し,「自立演劇」とも呼ばれて鈴木政男宮本研らの作家を生んだが,1950年占領軍によるレッド・パージで壊滅状態となった。 1960年代以降は職場をこえた地域劇団の持続的な活動が盛ん。アマチュア演劇の全国組織としては,日本アマチュア演劇連盟,全日本リアリズム演劇会議,全国高等学校演劇協議会があり,富山県神奈川県では国際アマチュア演劇祭も開催されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アマチュアえんげき【アマチュア演劇】

広くは,職業的な劇団に対して非専門家による演劇活動をさす。日本においては,古くから市井にあった〈素人芝居〉のほか,大正末期から非専門のプロレタリア演劇,農民・学生演劇などが新劇運動の波とともに散発的ではあったが行われていた。第2次大戦後は民主化の中で地域,職場,学校を中心に,市民サークルによる演劇,青年演劇勤労者の自立演劇(職場演劇),学生演劇,高校演劇など,各分野でのアマチュア演劇運動が急速に広がった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアマチュア演劇の言及

【悲劇喜劇】より

…誌名は1928‐29年に刊行された岸田国士(くにお)主宰の西欧演劇紹介を主とする雑誌名を譲り受けた。敗戦後の新劇復興期には,新人劇作家の育成を目的に戯曲研究会を主催する一方で,草創期の高校演劇や青年演劇などアマチュア演劇育成にも大きな貢献を果たした。昭和40年代以降は《新劇》《テアトロ》とともに一般的な新劇雑誌として定着。…

※「アマチュア演劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アマチュア演劇の関連キーワードライス(Elmer Leopold Rice (Reizenstein))とやま世界こども舞台芸術祭パトリック マッグーハンエルマー・L. ライスコリン ブレイクリーウーゴ トニャッティモニカ ヴィッテイアンドルー キアーイギリス舞台協会ウォルコット関口 次郎インド演劇中村 俊一村井 弘義加藤 衛大山 功マッケイ悲劇喜劇加藤衛ラベリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アマチュア演劇の関連情報