コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマデウス Amadeus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマデウス
Amadeus

イギリスの劇作家 P.シェーファー戯曲。2幕 31場。 1979年初演。モーツァルトの才能に嫉妬した宮廷作曲家サリエリが,モーツァルトを殺害し,それを告白することで,信心深い自分ではなく野卑で自己中心的なモーツァルトを天才とした神に復讐し,後世に自分の名を残そうとする企てを扱った作品。モーツァルトの衝撃的なキャラクター設定と曲の効果的な使用により,大成功を収めた。 84年映画化。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アマデウス

1979年初演のピーター・シェイファーによる戯曲。原題《Amadeus》。楽聖ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトと宮廷音楽家サリエリの確執を描いた作品。1981年に第35回トニー賞(演劇作品賞)を受賞。1984年に映画化された。

アマデウス

1984年製作のアメリカ映画。原題《Amadeus》。ピーター・シェイファーの同名戯曲の映画化。楽聖ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトと宮廷音楽家サリエリの確執を描く。監督:ミロス・フォアマン、出演:F・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジほか。第57回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞(F・マーレイ・エイブラハム)、脚色賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイクアップ賞、音響賞受賞。第42回米国ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマデウス
あまでうす
Amadeus

アメリカ映画。1984年作品。監督ミロシュ・フォアマン。ピーター・シャファー原作で話題をよんだブロードウェイの同名ドラマの映画化作品。原作ともども1980年代に起こったモーツァルト再評価のきっかけの一つになった。ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(トム・ハルスTom Hulce、1953― )の姿を、オーストリア皇帝ヨーゼフ2世に仕えた同時代の作曲家アントニオ・サリエリ(F・マーリー・エイブラハムFahrid Murray Abraham、1939― )の告白・回想を通して描く趣向で、作曲家として名を馳(は)せていたサリエリが、モーツァルトが現れたことで、人生のすべてを狂わされ、やがてモーツァルトを殺したという設定にしている。第57回アカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞など8部門を受賞。チェコスロバキアにロケし、従来のアメリカ映画を超えた美術、衣裳デザイン、メイクアップはとくに高く評価された。2002年には20分のカット場面を復元した、デジタル音声版ディレクターズ・カットも公開されている。[出口丈人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アマデウスの関連キーワードホール(Sir Peter Reginald Frederick Hall)モーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)フォアマン(Miloš Forman)シャファー(イギリスの劇作家)ピーター・レビン シェイファーピーター シェーファーグスターボ・ドゥダメルエリザベス ベリッジリサ チョロデンコイアン マッケランミロス フォアマンカリス コーフマンM. フォアマンバーゼル公会議マーク ハミルサザーランド馬渕英里何マッケラン御道由紀子佐古 正人

アマデウスの関連情報