アミエル(英語表記)Amiel, Henri-Frédéric

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アミエル」の解説

アミエル
Amiel, Henri-Frédéric

[生]1821.9.27. ジュネーブ
[]1881.5.11. ジュネーブ
フランス系スイス文学者哲学者。大学教育はドイツで受け,ヘーゲル,シェリングを学ぶ一方,ドイツの音楽,詩に心酔。帰国後,1849年からジュネーブ大学教授として美学哲学を講じた。数冊の小論文と詩集,特に巧みな訳詩集を発表したが,今日彼の名を高めているのは死後刊行された『日記』 Fragments d'un Journal intime (1882~84) である。幼くして孤児になり,一生独身で過した彼が,ドイツ留学時代の 1847年から没年にいたるまでの孤独と苦悩の日々を1万 6900ページにわたって書き綴ったノートからの抄録で,日記文学の傑作とされている。そこには,絶対的普遍的真理を求める理知的な哲学者の姿と,内省瞑想にふけり,絶えず不安に悩まされる病的なとがみられる。その後も未発表部分が増補,出版されて注目を集めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「アミエル」の解説

アミエル
あみえる
Henri-Frédéric Amiel
(1821―1881)

フランス語圏スイスの哲学者、文学者。ドイツの大学で哲学を学んだのち、ジュネーブ大学で美学を教え、のち哲学教授になる。死後その1万7000ページに上る『日記』の一部(全体の約15分の1)が出版され(1883、1927)、広く読まれるようになった。フランス語で考え、フランス語を用いながら、ドイツ哲学によって深い影響を受けた彼は、独仏両文化の相互浸透の珍しい例の一つとなっている。彼は、自我と普遍的宇宙の生命との対決、無限へのあこがれ、絶対への願望などの問題を追求する反面、自らの自我の流動的でとりとめのない、無に等しい状態を思考の解剖台上にのせ、執拗(しつよう)に切り刻んだ過程を、その膨大な日記中に記録することによって、他に類例をみないほどの精密で厳しい自己分析を行った。

[土居寛之 2015年5月19日]

『河野与一訳『アミエルの日記』全4冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「アミエル」の解説

アミエル

スイスの哲学者。ジュネーブでフランス系プロテスタントの家庭に生まれ,同地の大学で哲学,美学を講じた。一生独身。死後刊行の《日記》(2巻。1882年―1884年,1847年―1881年の日記の抜粋)で著名。同書は内省的・非行動的な著者の魂の綿密な記録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「アミエル」の解説

アミエル

(Henri Frédéric Amiel アンリ=フレデリック━) スイスの哲学者、文学者。死の翌年、遺言により出版された二六歳から死に至るまでの記録「日記」で知られる。(一八二一‐八一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アミエル」の解説

アミエル(Henri-Frédéric Amiel)

[1821~1881]スイスの哲学者・文学者。生前無名であったが、死後、三十数年間にわたる「日記」の一部が出版され、広く知られるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「アミエル」の解説

アミエル【Henri Frédéric Amiel】

1821‐81
スイスの文学者,哲学者。フランス系の新教徒の家に生まれ,早く両親を失い,叔父に引き取られたが,のちベルリン大学に留学し,帰国後は,ジュネーブ大学で,美学ついで哲学の講座を担当し,一生独身で過ごした。生前数冊の詩集および文芸評論を出版しているが,彼の名を一躍有名にしたのは,死後に出版された《日記抄》2巻(1882‐84)である。これは1847年から死に至るまで書き続けられた1万7000ページにのぼるノートから抜粋編集されたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android