アミジグサ(英語表記)Dictyota dichotoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アミジグサ」の解説

アミジグサ
Dictyota dichotoma

褐藻類アミジグサ目アミジグサ科の海藻。日本各地の海岸で低潮線付近のなどに着生する。藻体は平らであるが,何回もふたまたに分岐している。同じようにみえる個体のなかに,雌性生殖器をつけるものと雄性生殖器をつけるものと,無性的な四分胞子嚢をつけるものとがある。前2者は単数世代,後者は複数世代で四分胞子形成時に減数分裂する。これらの生殖器は,藻体の表面に褐色または黒色の点としてみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「アミジグサ」の解説

アミジグサ
あみじぐさ / 網地草
[学] Dictyota dichotoma Lamx.

褐藻植物、アミジグサ科の海藻。黄褐色、薄膜質で、次々に二またに分かれる分枝葉状をなす。体表は細い目のある網地状を呈し、分枝の頂端の中央はややへこんで二子山状になるのが特徴。世界的に広く分布する多年生藻である。

[新崎盛敏]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android