コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミジグサ Dictyota dichotoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミジグサ
Dictyota dichotoma

褐藻類アミジグサ目アミジグサ科の海藻。日本各地の海岸で低潮線付近の岩などに着生する。藻体は平らであるが,何回もふたまたに分岐している。同じようにみえる個体のなかに,雌性生殖器をつけるものと雄性生殖器をつけるものと,無性的な四分胞子嚢をつけるものとがある。前2者は単数世代,後者は複数世代で四分胞子形成時に減数分裂する。これらの生殖器は,藻体の表面に褐色または黒色の点としてみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海藻海草標本図鑑の解説

アミジグサ

からだは柔らかく平らな紐状で,叉状に数回分岐し,扇形に広がる。先端は丸く,わずかに凹む。その部分を顕微鏡で観察すると,大きい一つの生長点細胞が見える。皮層には1層の小さい細胞列,髄層には1層の巨大な細胞列が見られる。この特長はニセアミジ属のフクリンアミジと一致している。サナダグサ属では表層細胞列が2層である(サナダグサ参照)。成熟すると表面に濃い色の斑点模様がみられる。死ぬと黄緑色に変色をして酸を出す。生体は黄褐色〜明褐色。押し葉標本は台紙につきにくい。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミジグサ
あみじぐさ / 網地草
[学]Dictyota dichotoma Lamx.

褐藻植物、アミジグサ科の海藻。黄褐色、薄膜質で、次々に二またに分かれる分枝葉状をなす。体表は細い目のある網地状を呈し、分枝の頂端の中央はややへこんで二子山状になるのが特徴。世界的に広く分布する多年生藻である。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アミジグサの関連キーワードシワヤハズ(皺矢筈)アミジグサ(網地草)ヤハズグサ(矢筈草)サナダグサ(真田草)ヘラヤハズ(篦矢筈)ウミウチワ(海団扇)コモングサ(小紋草)ウミウチワ(海藻)ヤハズグサ世代交代褐藻植物網地草海団扇褐藻

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android