コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノフィリン aminophylline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミノフィリン
aminophylline

緑茶のなかに含まれるアルカロイド。カフェイン,テオブロミンとともにキサンチン誘導体といわれるテオフィリンの製剤である。テオフィリンは水に難溶のため,溶解補助剤としてエチレンジアミンを加えた製剤をアミノフィリンという。作用はテオフィリンと同様で,利尿作用は中程度,作用の発現は速く,持続は短い。中枢神経興奮作用は弱く,心筋の収縮力を強め,腎動脈や冠状動脈拡張作用がある。気管支平滑筋弛緩作用もある。臨床的には心不全,浮腫,冠不全,気管支喘息などに使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミノフィリン
あみのふぃりん
aminophylline

テオフィリンとエチレンジアミンの複塩で、強心・気管支拡張剤。苦味を有する白色ないし微黄色の粒または粉末で、難溶性のテオフィリンを水溶性としたもの。中枢神経興奮、冠血管拡張、強心、利尿、気管支拡張、胃液分泌促進作用を有し、気管支喘息(ぜんそく)、喘息発作の予防、腎(じん)性および肝性浮腫(ふしゅ)、狭心症発作の予防などに広く応用される。胃腸障害をおこしやすいので、おもに静脈注射を行い徐々に注入する。常用量は1回0.1グラム、1日0.3グラム、極量は1回0.5グラム、1日1.5グラム。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアミノフィリンの言及

【鎮痙薬】より

(2)メチルキサンチン誘導体 テオフィリンが代表的で,ホスホジエステラーゼ活性を阻害し,環状AMP量の増加をおこし,平滑筋を弛緩させる。アミノフィリン(テオフィリン‐エチレンジアミン)やテオナ(テオフィリン‐ノスカピン)などがあり,気管支拡張薬として喘息に,また狭心症,胆管・胆囊の痙攣に用いられる。(3)Ca2+拮抗薬 細胞外のCa2+の細胞内への流入を抑制して収縮をゆるめる薬物で,ベラパミル,ニフェジピン,ジルチアゼムなどがある。…

※「アミノフィリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アミノフィリンの関連キーワードアナフィラキシー気管支喘息治療剤テオフィリン製剤呼吸興奮薬心臓喘息強心薬利尿薬劇薬坐薬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android