アモン(読み)あもん(英語表記)Alfred Amonn

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アモン(Alfred Amonn)
あもん
Alfred Amonn
(1883―1962)

オーストリアの経済学者。1907年ウィーン大学卒業。フライブルク、チェルノビッツ、グラーツ、プラハの諸大学で経済学を講じたのち、1926~1929年(大正15~昭和4)東京帝国大学経済学部で教壇に立ち、揺籃(ようらん)期における日本の近代経済学史上でも重要な役割を果たした。その後1953年までベルン大学教授。ウィーン学派から出発し、新カント派の認識論に立脚した理論経済学の方法論的研究面での功績が大きく、この面の著作に『Objekt und Grundbegriffe der theoretischen Nationalkonomie』(1 Aufl. 1911, 2 Aufl. 1927)〔山口忠夫訳『理論経済学の対象と基礎概念』(1937)は第2版の前半部を訳したもの〕がある。価格論では、ウィーン学派とカッセルとの接合を図り、やや通俗化された形にせよ一般均衡理論の普及に貢献した。学説史にも通じ、滞日中の作品に『正統学派経済学』(1929)、『限界効用学説史』(1932)などがある。第二次世界大戦後も『財政学原理』Grundstze der Finanzwissenschaft2巻(1947、1953)をはじめ、多くの著作を発表した。[早坂 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android