コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラスカ湾 アラスカわんGulf of Alaska

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラスカ湾
アラスカわん
Gulf of Alaska

アラスカの南海岸に太平洋が幅広く入り込んだ形の。面積 153万 3000km2。 18世紀後半,J.クックがこの地域を初めて探検した。西方のアラスカ半島と東方のアレクサンダー諸島の間にはさまれており,沿岸はフィヨルド地形で出入りが多い。湾内では暖流であるアラスカ海流が流れているので,高緯度地方にありながら,結氷することはない。大陸氷河が森林限界のすぐ上まで達していて,海中に移動した氷塊は氷山となる。偏西風の影響で海岸斜面の雨量が多く,森林が発達し,林業が盛んである。主要港にはアンカレジスワードバルデスがある。水産資源にも恵まれ,漁獲高も大きい。また石油がクック湾に沿ったところとコントローラ湾底で発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラスカわん【アラスカ湾 Gulf of Alaska】

北太平洋北部,アメリカ合衆国アラスカ州南部海岸の広い湾。東はアレクサンダー諸島,西はアラスカ半島にはさまれ,幅は約1500kmである。海岸線は複雑で良港に恵まれる。北部中央部にはプリンス・ウィリアム湾があり,その西にはケナイ半島が延び,さらにクック湾が深く食い込んでその湾奥にはアラスカ州最大の都市アンカレジがある。湾内には左回りに環流するアラスカ海流があり,北太平洋北部を反時計回りにめぐる亜寒帯環流を構成する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラスカ湾
あらすかわん
Gulf of Alaska

北アメリカ北西部、アラスカ州南部、北太平洋に臨む湾。アレクサンダー諸島からアラスカ半島の付け根に至る弧状の海岸線をもった海域で、サケ漁を中心とする世界有数の漁場となっている。湾の東部にはアレクサンダー諸島があり、ジュノー、シトカ、ケチカンなど、水産加工業やパルプ工業を中心とした都市が分布する。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アラスカ湾の関連キーワードクルアーニー/ランゲルオトヒメノハナガサ(乙姫の花傘)プリンス・ウィリアム湾クロアシアホウドリプルドー・ベイ油田アリューシャン海流バルディーズ原則コディアク[島]キタゾウアザラシノース・スロープサケ・マス漁業アラスカメヌケホワイトホーステングトクビレヤギシリカジカプルドー・ベイコアホウドリニラミカジカチュガチ山地アラスカ循環

アラスカ湾の関連情報