アリアドネ(英語表記)Ariadne

翻訳|Ariadne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリアドネ
Ariadne

ギリシア神話の女神。もとはクレタ王ミノスパシファエの長女であったが,ミノタウロス退治にクレタ島に来たテセウスに恋し,彼に導きの糸を持たせて,怪物を退治したあと迷宮から脱出できるようにしてやった。このあと彼女はテセウスとともにクレタから出奔するが,アテネに向う航海の途中でナクソス島置去りにされ,そこでディオニュソスと結婚して神々の仲間入りを許されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アリアドネ

ギリシア伝説のクレタ王ミノスとパシファエの娘。アテナイの王子テセウスがクレタにきたとき恋におち,迷宮内を導く糸玉を与える(〈アリアドネの糸〉の故事)など王子を助けて怪物ミノタウロスを退治させ,ともにクレタ島から逃亡するが,途中ナクソスに置去りにされ,ディオニュソスの妃となった。
→関連項目ダイダロスミノスラビュリントス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アリアドネ【Ariadnē】

ギリシャ神話で、クレタ王ミノスの娘。ミノタウロス退治に来たテセウスに恋し、糸玉を与えて迷宮を通り抜けさせた。ここから難問解決の手引き・方法を「アリアドネの糸」という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリアドネ
ありあどね
Ariadn

ギリシア神話におけるクレタ島の王ミノスとパシファエの娘。アテネの英雄テセウスがこの島を訪れたとき、彼に恋をしたアリアドネは、迷宮ラビリントスへの道案内に糸玉を与え、英雄の怪物ミノタウロス退治を助けた。糸をたどってラビリントスを脱出したテセウスは、アリアドネとともにナクソス島へ逃れたが、ここでテセウスは浜辺で眠るアリアドネを置き去りにした。しかし、そのあとその島にやってきたディオニソス神が彼女を愛し、妻としてオリンポスへ連れ帰った。ディオニソスは彼女に金の冠を与えたが、のちにその冠は星座(かんむり座)となった。アリアドネはディオニソス神との間に、トアス、スタフィロス、オイノピオン、ペパレトスなどの子をもうけたが、一説ではディオニソスの命を受けたアルテミスによって射殺されたとも伝えられる。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアリアドネの言及

【ダイダロス】より

…ここで彼は海神ポセイドンの雄牛に恋した王妃パシファエのために木製の雌牛を作ってやり,彼女が人身牛頭のミノタウロスを生むと,この怪物を入れておく迷宮ラビュリントスを造った。その後,アテナイの王子テセウスが怪物退治にやってきたときには,テセウスに恋した王女アリアドネに,王子が迷宮内で道に迷わぬための糸球の策を授けた。ミノスは怒ってダイダロスとその子イカロスを迷宮内に幽閉したが,工匠は人工の翼を考案し,父子は空から島を脱出,イカロスは途中で海に墜落して死んだが,ダイダロスは無事シチリア島に逃れたという。…

【テセウス】より

…トロイゼンで生まれ育った彼は,若者となってから,父が岩の下に隠しておいた刀とサンダルを取り出してアテナイを訪れ,父からわが子と認められた。当時アテナイは,クレタ島の迷宮(ラビュリントス)に住む牛頭人身の怪物ミノタウロスの餌食に毎年14人の少年少女を送ることを強いられていたが,彼はみずからその数に加わり,彼に恋したクレタ王ミノスの娘アリアドネAriadnēから,迷宮内で道に迷わぬよう糸球の策を授けられて,みごとミノタウロスを退治した。しかし彼はアリアドネをナクソス島に置去りにし,また無事に帰還した場合は白い帆を張るという約束を忘れて,黒い帆のままで帰港したため,アイゲウスは早まってわが子の死を信じ,自殺した。…

【ナクソス[島]】より

…面積428km2,人口1万7000(1971)。緑が多く,ギリシア神話では,クレタのミノタウロスを退治したテセウスが,協力した同伴のアリアドネを置き去りにしたとされる島。アリアドネと結婚したディオニュソスの祭りと特産ブドウ酒で名高い。…

【ミノス】より

…ゼウスとエウロペの子。妃パシファエPasiphaēとの間にアリアドネAriadnē,ファイドラPhaidra,アンドロゲオスAndrogeōsらをもうけた。海神ポセイドンに祈って雄牛を海中から出現させてもらったお蔭で王位につけたにもかかわらず,約束に反してその牛を海神に捧げなかったため,海神はパシファエが雄牛に恋するように仕向け,その交わりから人身牛頭の怪物ミノタウロスが生まれた。…

※「アリアドネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android