コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリアヌス Flavius Arrianus

2件 の用語解説(アリアヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アリアヌス【Flavius Arrianus】

95ころ‐175ころ
ローマ帝政期の政治家,歴史家。ビテュニアニコメディアの出身で,ハドリアヌス帝時代にカッパドキアの知事を務めた。余生は私人として蟄居し著述に専念した。ストア学派エピクテトスの弟子として師の語録《談義》を書きとめている。知の迷妄を忌避する彼の態度は歴史叙述における優れた才能として認めることができる。《インド誌》や《アレクサンドロスの遠征》が残されている。【本村 凌二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリアヌス
ありあぬす
Flavius Arrianus
(95ころ―175ころ)

小アジア、ビティニア出身のローマの軍人、政治家、歴史家。哲学者エピクテトスの弟子。ローマ帝政下でカッパドキア総督を務めた。早くからギリシア語で著作を著した。主著は『アレクサンドロス大王の歴史』7巻で、大王の遠征路を正しく記述し、ゆがめられて作り話じみていた大王の像を訂正しようと努力した。その史料操作は厳密、的確で、大王を冷静かつ客観的に叙述しており、文体は簡潔にして平易である。現在アレクサンドロス大王について知りうることは、彼の著作によるところが大きい。そのほか『ビティニア史』8巻、『パルティア史』17巻、およびインドの地誌についての著作などを著した。[田村 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアリアヌスの言及

【インド誌】より

…ギリシアの歴史家,哲学者アリアヌス(アリアノス)がその著作《アレクサンドロスの遠征》に加えた付録。インドの地誌,歴史,およびアレクサンドロス大王の提督ネアルコス指揮下のマケドニア艦隊がインダス河口からティグリス河口に至るまでの航海記録(前326‐前325ころ)を内容とする。…

※「アリアヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アリアヌスの関連キーワードコロヌスコロシアムタキトゥス帝政パクスローマーナ羅馬パラティーノの丘古代ローマ帝国ローマンブリテン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone