アリガタバチ(読み)ありがたばち(英語表記)betylid-wasps

日本大百科全書(ニッポニカ)「アリガタバチ」の解説

アリガタバチ
ありがたばち / 蟻形蜂
betylid-wasps

昆虫綱膜翅(まくし)目アリガタバチ科Betylidaeの総称。世界に約300種が知られ、日本では10種余りが記録されている。ほとんどが体長5ミリメートル以下の小さいハチで、ほかの昆虫の幼虫に寄生する。種によっては雌は無翅で、一見アリに似ている。ハマキアリガタバチは、葉を巻いてその中に潜む鱗翅(りんし)類の幼虫に産卵する天敵として有力なものである。日本の屋内で発見されるアリガタバチ類は、ノコギリヒラタムシに寄生するノコギリヒラタアリガタバチ、ヒメマルカツオブシムシに寄生するキアシアリガタバチ、おもに木材穿孔(せんこう)性の甲虫類の幼虫に寄生するクロアリガタバチ、主としてタバコシバンムシに寄生するシバンムシアリガタバチの4種が知られており、後二者の雌は無翅で、人を刺すことがあり、近年、屋内害虫として問題となっている。

[奥谷禎一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アリガタバチ」の解説

アリガタバチ
Bethylidae

膜翅目アリガタバチ科の昆虫の総称。一般に体長 10mm以下の細長いハチで,雌は無翅のものが多く,一見アリに似るためその名がある。雄は有翅。鞘翅類 (甲虫類) や鱗翅類の幼虫に寄生する。刺されると非常に痛い。クロアリガタバチ Sclerodermus japonicusは,枯材などにつくシバンムシの幼虫に寄生するため,屋内で多数発生して人体に害を与えた例がある。カマバチ科 Dryinidaeは近縁とされるが,雌の前肢が鋏状に変形している。ウンカ,ヨコバイなどに寄生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android