アリ山古墳(読み)ありやまこふん

世界大百科事典 第2版の解説

ありやまこふん【アリ山古墳】

大阪府藤井寺市野中にある1辺45mの方墳古市古墳群の中に位置し,応神陵の西濠に接して築かれていて,埴輪葺石もある。墳頂部の中央,南,北の3ヵ所から遺物を出土した。北施設は,長さ3m,幅1.4mの箱形に板で仕切ったとみられる副葬用遺構で,武器,農具,工具からなる鉄器を大量に重ねて埋納していた。上層に32群の鉄鏃中層刀剣と槍,下層には斧,鎌,鍬,鉇(やりがんな),蕨手(わらびで)刀子,鋸,鑿など各種鉄器を配列したものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android