コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ中毒 アルカリちゅうどく

家庭医学館の解説

あるかりちゅうどく【アルカリ中毒 Alkali Poisoning】

[どんな病気か]
 家庭で身近にあるアルカリは、食品や菓子類の乾燥剤として使われている生石灰(せいせっかい)、トイレや換気扇の洗浄剤に含まれる水酸化ナトリウムなどで、これらによる中毒事故がおこります。
 そのほかのアルカリの中毒事故は、たいていは職場でおこります。
●飲んだとき
 食道がやけどし、1~2日たつとそこが壊死(えし)におちいり、3週間もすると狭窄(きょうさく)がおこってきます。
 治療 ぜったいに吐(は)かせてはいけません。吐かせると食道、のどが2度アルカリにさらされることになります。
 牛乳は、アルカリを薄めるだけでなく、中和する作用があります、コップ2~3杯の牛乳を飲ませます。
 固形のアルカリの場合は、卵白(らんぱく)を飲ませるのが最適です。卵白がアルカリを包み、のどや食道から取り除いてくれます。
 手元に牛乳や卵白がなければ、水を飲ませます。
 この手当を1秒でも早く始めることが必要です。
 医師は食道鏡で食道を見て、狭窄を防ぐために、やけどをしている部位にブジー(棒状の器具)を留置します。
●目に入ったとき
 当初は、痛みが軽く、一見なんでもなさそうでも、あとで角膜(かくまく)の混濁(こんだく)・新生血管や潰瘍(かいよう)の発生・穿孔(せんこう)などがおこりやすいものです。
 治療 1秒でも早く、水で目を洗います。30分くらい洗い、その後、眼科を受診します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

アルカリ中毒の関連キーワード腐食性アルカリ中毒アルカローシス

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android