換気扇(読み)かんきせん

世界大百科事典 第2版の解説

かんきせん【換気扇】

扇風機から分化したもので,台所換気のほか,排熱除湿除臭などの目的で使用される電気器具。工場などでは古くから使用されていたが,一般家庭用としては,1955年日本住宅公団の住宅のDK(ダイニングキッチン)を強制換気するため取り付けられたのが最初。66年ころから急速に普及し,住宅内の気密化が進むと,各部屋に取り付けられるようになった。プロペラファンのほかターボファンや,シロッコファンが使用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんきせん【換気扇】

換気・除臭などのため、モーターで数枚の羽根を回転させて吸排気を行う器具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かんきせん【換気扇】

室内の空気の排出、室外の新鮮な空気の取り入れなどを行う電動送風機。気密性の高い現代住宅では、換気以外に、排熱・除臭・除湿などの目的にも用いる。モーターに直結した羽根を回転させるものが一般的。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

換気扇
かんきせん

家屋の壁、窓、天井などに取り付け、モーターに直結した羽根を回転させて室内の空気を戸外に排出させる電気器具。排気と同時に、室内の脱臭、防塵(ぼうじん)、防湿、温度調節の働きもする。用いられる場所や用途に適合するように種々の品種があり、台所・居間・事務室などに用いられる一般用、ガラス窓取付け用、調理場などのレンジ専用フード付き、浴室などの耐湿型、便所・暗室などの脱臭扇、工場・倉庫などの産業用や、有圧換気扇などがある。雨、風を防ぐためのシャッターも、モーターと連動して開く全自動式、シャッターが開くと連動してモーターが回転する連動式、羽根の風圧でシャッターが開く自動式、固定シャッター式などがある。取付けには、換気口と換気扇の関連位置、戸外の風向きとその強さなどを考慮する必要がある。
 なお換気扇には、排気ばかりでなく、戸外の新鮮な空気を取り入れる吸気扇や、室内の空気と戸外の空気の間で熱交換を行い、戸外の新鮮な空気をできるだけ室温に近づけて取り入れ、換気のために失う熱エネルギーをできるだけ少なくした空調換気扇とよばれるものもある。
 また、寝室や居間の窓に取り付けて送風を行い、室内外の温度差を利用して涼感を得る機能をもつウィンドファンや、室内の空気を循環させる機能をもつエアサーキュレーターという機種などもある。[橋本芳樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんき‐せん クヮンキ‥【換気扇】

〘名〙 室内などの空気の入れ換えを行なうのに用いる、プロペラ状の回転部を備えた電気器具。
※他人の顔(1964)〈安部公房〉白いノート「古ぼけた換気が騒がしい音をたてていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

換気扇の関連情報