コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ性肥料 アルカリセイヒリョウ

4件 の用語解説(アルカリ性肥料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルカリせい‐ひりょう〔‐ヒレウ〕【アルカリ性肥料】

塩基性肥料

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アルカリ性肥料【アルカリせいひりょう】

人糞尿,草木灰,石灰窒素等のように,水に溶かしてアルカリ性を呈する化学的アルカリ性肥料と,チリ硝石魚肥骨粉等のように,施肥後分解して土壌にアルカリ性を与える生理的アルカリ性肥料の総称。
→関連項目酸性肥料肥料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アルカリせいひりょう【アルカリ性肥料】

水溶液がアルカリ性の反応を呈する肥料。腐熟堆肥たいひ・石灰窒素・草木灰・炭酸カリなど。塩基性肥料。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカリ性肥料
あるかりせいひりょう

肥料を水に溶かしたとき、水溶液の反応がアルカリ性を示す肥料をいう。強いアルカリ性肥料としては、石灰窒素トーマスリン肥、草木灰、肥料用石灰などがあり、弱いアルカリ性肥料には、溶性苦土肥、炭酸カルシウムなどがある。これらは化学的アルカリ性肥料という。これに対して水溶液が中性または酸性の場合でも、植物に吸収されたのち、培地に塩基性反応を呈するために土壌がアルカリ性に傾く肥料を生理的アルカリ性肥料といい、チリ硝石硝酸ナトリウム)、硝酸石灰硝酸カルシウム)、魚肥、骨粉などがある。
 日本の土壌は、降水量が多く塩基が溶脱して酸性になりやすいことと、硫安(硫酸アンモニウム)、塩安(塩化アンモニウム)などの生理的酸性肥料が多く施用されるので、アルカリ性肥料の使用が望ましい。しかし、硫安や塩安などのアンモニアを含む肥料とアルカリ性肥料とを配合すると、アンモニアが揮散し、窒素含量が低下するので、施用には注意が必要である。[小山雄生]
『伊達昇・塩崎尚郎編著『肥料便覧』第5版(1997・農山漁村文化協会) ▽肥料協会新聞部編『肥料年鑑』各年版(肥料協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone