コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴナウティカ アルゴナウティカ Argonautika

4件 の用語解説(アルゴナウティカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴナウティカ
アルゴナウティカ
Argonautika

ギリシアの詩人ロドスアポロニオス英雄叙事詩。4巻。テッサリアイオルコスの英雄イアソンを首領とする 50人の勇士がアルゴ船に乗って黒海東岸のコルキスにおもむき,金毛羊皮を捜し求めて帰国するまでの物語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アルゴナウティカ(〈ギリシャ〉Argonautika)

紀元前3世紀ごろのギリシャの詩人、アポロニウスによる英雄叙事詩。全4巻。金毛羊皮を求めてアルゴ船で冒険する勇士たちの物語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルゴナウティカ【Argonautica】

アルゴナウタイ物語〉の意で,古代作家たちが好んだ題材の一つ。作品名にも多く用いられたが,ホメロスの時代の叙事詩は失われた。前6世紀にクレタのエピメニデス,前5世紀にヘラクレアのヘロドトスが同名の作品を書いたが,これも伝存しない。ピンダロスは《ピュティア第4祝勝歌》でこの物語を詳細に扱っている。現存する最も有名なものはロドスのアポロニオスによる叙事詩である。これはホメロス以後の叙事詩中の最高傑作と評されたもので,とくにメデイアの恋を扱った第3巻の迫真的心理描写は圧巻である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アルゴナウティカ【Argonautika】

古代ギリシャの長編叙事詩。四巻。紀元前三世紀、アポロニオス作。巨船アルゴ号に乗って金毛羊皮を求めて黒海東岸のコルキスまで赴おもむいたギリシャの英雄たちの冒険談を主題とする。特に第三巻のコルキス王女メディアと主人公イアソンの恋物語が名高い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアルゴナウティカの言及

【アポロニオス[ロドスの]】より

…生没年不詳。英雄叙事詩《アルゴナウティカ》4巻の作者。その他学問的著作,短編詩も書いた。…

【アルゴナウタイ伝説】より

…アルゴナウタイArgonautaiとは,ギリシア神話で金羊毛を獲得するために英雄イアソンが企てた遠征に参加した一群の英雄の総称で〈アルゴ船の乗組員たち〉の意。彼らにまつわる冒険譚が《アルゴナウティカ(アルゴナウタイ物語)》といわれ,ホメロスさえ周知の物語として言及する古い伝説で,ヘレニズム時代のロドスのアポロニオスの作品をはじめ,ほかに2編この表題の叙事詩が伝存する。細部については多々異説はあるが,以下に概要を記す。…

【ウァレリウス・フラックス】より

…生涯は不詳。英雄叙事詩《アルゴナウティカ》の作者として知られ,1416年にフィレンツェのポッジョ・ブラッチョリーニが,サン・ガル寺院でその写本を発見した。しかし第8巻メデア(メデイア)の兄アプシュルトゥス(アプシュルトス)がアルゴー船を追跡する場面で中断しており,以下は未発見である。…

【オルフェウス教】より

…神話的人物とはいえ,オルフェウスという個人を創始者と仰ぎ,個人の魂の救済を目的とし,聖典ともいうべき文書を備えていた点において,宗教が国家的集団的で教典の類を欠いていた古代ギリシアでは特異なものであった。オルフェウスの名の下にこの派の文学として伝えられてきたものには,87編の《オルフィク賛歌》(ほとんど2世紀以後にできた一種の祈禱書),《アルゴナウティカ》(成立年代は不明であるが4世紀以後のもので,アルゴ船の物語をオルフェウス中心に語りかえた内容),《リティカ》(宝石の不思議な効力を叙事詩形で語ったもの。成立年代不明)が残されている。…

【ギリシア文学】より

…狂暴な神々は去り,人間中心の小叙事詩やエピグラム詩の中には,穏やかな人の心と自然の営みが歌われ,恋人たち,幼い子どもたちの愛すべき姿が登場する。アポロニオスの《アルゴナウティカ》の英雄イアソンは,初期叙事詩の武張った強勇の士たちとは著しく異なり,コルキスの王女メデイアの心を恋の炎で焼き焦がすロマンスの騎士に近いものとなっている。 アポロニオスやカリマコス,また《ギリシア詞華集》に幾多の秀作をとどめているエピグラム詩人たちが掲げた文学的規範は,ギリシア文学を〈ポリス的世界〉という約束から解放し,〈純文学〉という新しい世界を開くものであった。…

【キルケ】より

…その後,彼女はオデュッセウス一行を1年間歓待したが,彼らが帰国を望んだので,その方途を教えて島を去らせたという。またロドスのアポロニオスの叙事詩《アルゴナウティカ》では,姪のメデイアがアイアイエに立ち寄ったとき,彼女はメデイアが弟のアプシュルトスを殺した罪をきよめてやっている。アイアイエは後代にはイタリアのラティウム地方のキルケイ岬を指すと考えられた。…

※「アルゴナウティカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルゴナウティカの関連キーワードアルゴ座イダス謡い物・歌い物拡散交代作用自交代作用焦性交代作用熱水交代作用アルゴナウタイ伝説ブノア・ド・サント・モールアルゴナウタイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone