コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタイ語系諸族 アルタイごけいしょぞく Altaic peoples

3件 の用語解説(アルタイ語系諸族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタイ語系諸族
アルタイごけいしょぞく
Altaic peoples

アルタイ諸語を使用する諸民族の総称。地域は朝鮮,中国東北部,モンゴル,北東アジア中央アジアトルコにかけてユーラシア大陸の北部および中央部の東西に広く分布している。大別すると,チュルク語系諸族 ,ツングース語系諸族 ,モンゴル語系諸族 (カルムイク族ブリヤート族モンゴル人ダグール族など) の3グループがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルタイ語系諸族【アルタイごけいしょぞく】

アルタイ諸語に属す言語を話す民族の総称。トルコ人,モンゴル人,ツングース語系諸族満州族朝鮮人などが含まれる。共通する特徴として草原での遊牧文化があげられるが,農・漁業を営み,トナカイを飼育するものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アルタイごけいしょぞく【アルタイ語系諸族】

アルタイ語族を構成する諸言語(アルタイ諸語)を話す民族の総称。アルタイ諸族ともいい,元来,18世紀半ばにストラレンベルクが提唱したアルタイ語族説にもとづく言語学的集団概念である。その分布はユーラシア大陸の中央部(一時はアルタイ地方が原郷と考えられていた)を中心にして,東はカムチャツカ半島西端から西はバルカン半島まで,北はシベリア北部から南は中国南西部まで,きわめて広い範囲に及ぶ。総人口は約6466万。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルタイ語系諸族の関連キーワードアルタイ諸語旧アジア諸語タイ語タイ諸語ウラルアルタイ語族ツングース諸語細胞骨格タンパク質ウラル・アルタイ語族アルタイ語族アルタイ諸族

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone