コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタイ語系諸族 アルタイごけいしょぞくAltaic peoples

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタイ語系諸族
アルタイごけいしょぞく
Altaic peoples

アルタイ諸語を使用する諸民族の総称。地域は朝鮮,中国東北部,モンゴル,北東アジア中央アジアトルコにかけてユーラシア大陸の北部および中央部の東西に広く分布している。大別すると,チュルク語系諸族 ,ツングース語系諸族 ,モンゴル語系諸族 (カルムイク族ブリヤート族モンゴル人ダグール族など) の3グループがある。生業はキルギス人カルムイク族の遊牧,満州族,朝鮮人の農耕,ツングース族ゴルディ族の漁業,オロッコ族の毛皮獣の狩猟,ツングース族のトナカイ飼育など。宗教面では,シャーマニズムが広く分布し,天ないし至高神への尊崇もみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アルタイ語系諸族【アルタイごけいしょぞく】

アルタイ諸語に属す言語を話す民族の総称。トルコ人,モンゴル人,ツングース語系諸族満州族朝鮮人などが含まれる。共通する特徴として草原での遊牧文化があげられるが,農・漁業を営み,トナカイを飼育するものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルタイごけいしょぞく【アルタイ語系諸族】

アルタイ語族を構成する諸言語(アルタイ諸語)を話す民族の総称。アルタイ諸族ともいい,元来,18世紀半ばにストラレンベルクが提唱したアルタイ語族説にもとづく言語学的集団概念である。その分布はユーラシア大陸の中央部(一時はアルタイ地方が原郷と考えられていた)を中心にして,東はカムチャツカ半島西端から西はバルカン半島まで,北はシベリア北部から南は中国南西部まで,きわめて広い範囲に及ぶ。総人口は約6466万。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報