コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジェイエフスキ アンジェイエフスキ Andrzejewski, Jerzy

3件 の用語解説(アンジェイエフスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジェイエフスキ
アンジェイエフスキ
Andrzejewski, Jerzy

[生]1909.8.19. ワルシャワ
[没]1983.4.20. ワルシャワ
ポーランドの作家。『避けられぬ道』 Drogi nieuniknione (1936) ,『心の秩序』 Ład serca (38) で作家としての地位を確立,カトリックの立場で人生の意味と価値を問うた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンジェイエフスキ(Jerzy Andrzejewski)

[1909~1983]ポーランドの作家。作「灰とダイヤモンド」「天国の門」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンジェイエフスキ
あんじぇいえふすき
Jerzy Andrzejewski
(1909―1983)

ポーランドの小説家。ワルシャワ大学ポーランド文学を専攻、1932年に短編『うそつき』でカトリック作家としてデビュー、『心の秩序』(1938)で1939年に文学アカデミーの新人賞を受けた。ナチス占領中の地下文化活動を通して共産主義者となり、以後、作品は現代のモラルと政治がテーマとなった。戦争終了後、戦争文学の代表作となった『夜』(1945)を発表、『灰とダイヤモンド』(1948)で最初に戦争直後の国内のモラルと政治の混乱が引き起こす悲劇を描いて成功し、作家としての地位を不動のものとした。スターリン体制を経験し、自由主義者となり、公然と体制批判を行い話題となった。1976年につくられた反体制組織「社会自衛委員会」に主要メンバーとして参加。最後の長編『どろどろ』(1982)で自らの精神の遍歴を知識人の苦悩として描き注目を集める。国会議員も経験。おもな作品に短編集『金色のキツネ』(1955)、長編『闇(やみ)は大地をおおう』(1957)、『天国の門』(1960)、『とびはねて丘を行く』(1963)などがある。[山田正明]
『川上洸訳『灰とダイヤモンド』(旺文社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンジェイエフスキの関連キーワードワルシャワ条約ワルシャワ大学ワルシャワ大公国マルシャウコフスカ通りワルシャワ旧王宮ワルシャワ蜂起記念碑ブライダルシャワーワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団ワルシャワの秋音楽祭ワルシャワ・ゲットー

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone