コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジロー Angero

5件 の用語解説(アンジローの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

アンジロー Angero

1512/13-? 戦国時代のキリシタン。
永正(えいしょう)9/10年生まれ。マラッカザビエルに洗礼をうけ,日本人初のキリシタンとなる。天文(てんぶん)18年ザビエルを案内して郷里の薩摩(さつま)鹿児島にもどり,布教をたすけた。貿易商池端弥次郎と同一人とする説もある。名は安次郎ともかく。別に弥次郎,里見ヤジロウとも。洗礼名はパウロ=ダ=サンタ=フェ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

アンジロー

ヤジロウ(弥次郎)とも。日本最初のキリシタンとされる。生没年不詳。薩摩(さつま)の人。殺人の罪を犯し,マラッカに渡り,そこでザビエルの教えをうけ受洗。1549年ザビエルを案内して鹿児島に上陸,各地を伝道。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

アンジロー

生年:生没年不詳
日本人最初のキリスト教徒。薩摩国(鹿児島県)生まれ。殺人を犯して東南アジア方面へ逃亡。1547年,マラッカでザビエルに会い,その勧めによりゴアの聖パウロ学院で学び,受洗。洗礼名は,パウロ・デ・サンタ・フェー(聖信のパウロ)。ザビエルに日本の情報を与え,日本布教に多大な影響をおよぼした。天文18(1549)年8月,ザビエルに従って鹿児島に戻る。ザビエルのためにゴアと鹿児島でキリスト教の教理書を日本語に翻訳した。晩年は,伝聞によると,中国・浙江省の寧波で殺されたという。ポルトガル語の書簡2通が伝わっている。<参考文献>河野純徳『聖フランシスコ・ザビエル全生涯』

(浅見雅一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アンジロー【Angero】

ヤジロウ(弥次郎)Yajiroと表記されることもある。生没年不詳。室町末期,薩摩出身で,職業は貿易商人と推測される。人を殺害して逮捕される寸前にポルトガル商人ジョルジェ・アルバレスに助けられ,日本脱出に成功。アルバレスの紹介で,1547年12月マラッカにおいてザビエルに会った。アンジローの才知はザビエルに感銘を与え,彼の来日のきっかけをつくった。48年3月ゴアに渡り,洗礼を受け,パウロ・デ・サンタ・フェという教名を与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アンジロー

日本人最初のキリシタン。鹿児島の人。マラッカでザビエルに会い入信。1549年ザビエルら一行を案内して帰国したが、その後迫害を逃れて国外へ出奔したといわれる。弥次郎。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンジローの関連キーワード薩摩弥次郎キリスト教会薩摩国府ムデハル耶蘇キリスト教徒中東とキリスト教ベルナルドキリスト教徒迫害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone