コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドリア アンドリアAndria

4件 の用語解説(アンドリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドリア
Andria

イタリア南東部,プーリア州バリ県の都市。バリの西北西約 50km,ムルジェ山地の斜面に位置する。歴史上に最初に現れるのは 11世紀ノルマン人の侵入のときであるが,前1世紀のギリシア地理学者ストラボンがネチウムと呼んだ都市ともいわれる。市内にはローマ時代の遺跡や再建された 10世紀の聖堂のほか,ゴシック様式の聖ドメニコ修道院がある。ブドウ,オリーブ,アーモンドの栽培が盛ん。ワイン醸造,繊維工業なども行われる。人口8万 2556 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アンドリア

アメリカのSFテレビドラマ・映画シリーズ「スタートレック」に登場するヒューマノイド型異星人種属。青色の肌と頭頂部にある触角状の2本の角が特徴。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンドリア【Andria】

イタリア南部,プーリア州バリ県の都市。人口8万3319(1981)。石灰岩質のムルジェ台地の端に位置し,現在はこの地域の農産物の集散地として重要な機能を持つ。ノルマン時代から町が栄え,旧市街には聖ドメニコ教会をはじめとする宗教建築が多く残存している。13世紀に南イタリア一帯を支配したフリードリヒ2世はこの地を好み,アンドリア南方18kmの所にその居城カステル・デル・モンテが残存している。【萩原 愛一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンドリア
あんどりあ
Andria

イタリア南部、プーリア州バリ県の都市。人口9万1999(2001国勢調査速報値)。この地方の農産物(ぶどう酒オリーブ油、アーモンド、穀物など)の集散地である。ビザンティン時代に宗教上の要地として発展した。その後、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の南イタリアでの拠点の一つとなる。ロマネスク式の大聖堂(12世紀)、サン・ドメニコ教会(14世紀)、サンタゴスティーノ教会など、美術的に興味深い教会がみられる。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンドリアの関連情報