コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドロス島 アンドロスとうNísos Ándhros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドロス島
アンドロスとう
Nísos Ándhros

ギリシア,エーゲ海南部,キクラデス諸島最北の島。北西のエビア (古代名エウボイア) 島と幅約 15kmの海峡をへだてて相対する。森林におおわれた山がちな島で,中部東岸に中心集落アンドロスがある。古代にはおもにイオニア人が住み,初めエウボイアのエレトリアの勢力下にあったが,前7世紀にはカルキディケ半島にアカントス,スタゲイラなどの植民市を建設。 1207~1566年ベネチア領。その後オスマン帝国の支配下におかれ,ギリシア独立戦争 (1821~29) 後ギリシア領。北部のパレオカストロ山にはベネチア領時代の城塞と中世の町の遺跡がある。西岸のパレオポリ村は古代の首都アンドロスのあったところで,その遺跡が保存されている。住民にはアルバニア人が多い。面積 380km2。人口 9020 (1981) 。

アンドロス島
アンドロスとう
Andros Island

西インド諸島北部,バハマ西部の島。バハマ諸島最大の島。サンゴ礁の低平な島で,中央部の海峡により南北両島に分れている。木材,海綿を産する。面積 5957km2。人口 8155 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンドロス‐とう〔‐タウ〕【アンドロス島】

AndrosΆνδρος》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ島。キクラデス諸島の中で3番目に大きく、最北端に位置する。主な町は同島東岸のアンドロス。ワインの生産と海運業が盛ん。木々に覆われた山地が多く、水に恵まれる。
Andros西インド諸島北部、バハマ諸島の島。バハマ領。同諸島中、最大の面積をもつ。島民の大半は北部の町、ニコルズタウンに居住。島の東部に全長225キロメートルにおよぶアンドロスバリアリーフ(堡礁(ほしょう))があり、ダイビングスポットとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アンドロス島の関連キーワードアンドロス島(バハマ)ニュープロビデンス島テレンティウスミュカレの戦フラックスティノス島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android