コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドロマケ Andromachē

翻訳|Andromachē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドロマケ
Andromachē

ギリシア神話の人物。プリアモス王の長子で,トロイ戦争におけるトロイ方の総大将であったヘクトルの妻となり,アステュアナクスを生んだが,夫はアキレウスに打取られて戦死したうえに,トロイ落城後,アステュアナクスもギリシア軍に惨殺され,彼女は戦利品としてアキレウスの息子ネオプトレモスの手に落ち,その妻とならねばならなかった。この結婚で3人の息子を生んだあと,ネオプトレモスが死ぬと,彼女はヘクトルの弟ヘレノスと再婚し,ともにエピロスを支配した。彼の死後,息子のペルガモスとともに再び小アジアのミュシアに行き,そこにペルガモンの町を建設したという。

アンドロマケ
Andromachē

ギリシアのエウリピデスの悲劇。ペロポネソス戦争初期 (前 420年代) の作。トロイの英雄ヘクトルの妻アンドロマケは,トロイ落城後アキレウスの子でテッサリア王のネオプトレモスの侍妾となって1子をもうけた。正室のヘルミオネは父のスパルタ王メネラオスとはかってアンドロマケ母子を殺そうとするが,ネオプトレモスの祖父ペレウスにはばまれる。一方,ヘルミオネの前の婚約者で従兄のオレステスがデルフォイでネオプトレモスを殺して,ヘルミオネを奪い去る。作者はメネラオス,オレステス,ヘルミオネの3人のペロポネソス人を悪玉として描き,当時のアテネ人一般のスパルタに対する敵対感情を代弁している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンドロマケ

ギリシア伝説の登場人物。トロイアの英雄ヘクトルに嫁す。トロイア戦争で一族を滅ぼされ,戦利品としてネオプトレモスの妾にされた悲劇の女性。エウリピデスに同名の悲劇があり,ラシーヌの《アンドロマック》にも題材を提供している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のアンドロマケの言及

【ネオプトレモス】より

…アキレウスの死後,その遺児ネオプトレモスの参戦がトロイア攻略の条件のひとつと知ったギリシア軍の要請で戦地を踏み,知勇兼備の将として活躍した。木馬の胎内にひそんで敵城内に入った勇士のひとりでもあり,トロイア陥落時には,敵王プリアモスを討ち,敵将ヘクトルの幼児アステュアナクスAstyanaxを城壁より投げて殺し,その母アンドロマケAndromachēを褒賞として得た。トロイア戦後の彼については,デルフォイで神官と争って殺されたとも,ギリシア本土西北部のエペイロス地方へ赴き,モロッソス人の王となったともいう。…

【ヘクトル】より

…トロイア王プリアモスとヘカベの長子。アンドロマケAndromachēの夫。アステュアナクスAstyanaxの父。…

【ヘレノス】より

…トロイア戦争の末期に敵将オデュッセウスに捕らえられ,ギリシア軍が勝利するための諸条件を明かした。トロイア陥落後は,長兄ヘクトルの未亡人アンドロマケとともに,アキレウスの遺子ネオプトレモスの捕虜としてギリシア北西部のエペイロス地方へ連行されたが,ネオプトレモスの死後,その王国を継承し,アンドロマケを妻としたという。【水谷 智洋】。…

※「アンドロマケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンドロマケの関連キーワードポリュクセネ鈴木裕美イリアスデキリコ山下禎啓

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android