コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボン島 アンボントウ

2件 の用語解説(アンボン島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンボン‐とう〔‐タウ〕【アンボン島】

Pulau Ambon》インドネシア東部、モルッカ諸島の島。バンダ海の北端に位置する。主な町は南岸のアンボン。16世紀初頭にポルトガル人がヨーロッパ人として初めて発見し、香料貿易が始まった。丁子(ちょうじ)ニクズクを産する。しばしばヨーロッパ諸国の間で領有が争われ、17世紀初頭にはオランダ人が英国商館を襲撃し、館員を殺害したアンボイナ事件が起こった。アンボイナ島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンボン島
あんぼんとう
Ambon Pulau

インドネシア、モルッカ諸島の一島。バンダ海の北端に位置し、北はセラム島に近接する。アンボイナ島Amboina Pulauともいう。面積816平方キロメートル、人口約6.7万。北東から南西方向に細長い島で、島を二分するかのようにアンボン湾が入り込んでいる。アンボン湾はかつては狭小な海峡であったが、東部に沿岸流によって砂州が形成されたためヒトゥ島とレイティモル島がつながり、現在のアンボン島がつくられた。全島山がちな地形をなし、サラフートゥー山(1027メートル)をはじめいくつかの火山がそびえる。島の周囲はサンゴ礁が発達している。1512年ポルトガル人によって「発見」された。チョウジニクズクなどの香料栽培が古くから行われており、香料をめぐってポルトガル、オランダイギリスなどの国々の間にこの島の争奪戦があり、西欧との接触が多かった。17世紀初期に起こったアンボイナ事件はその争いの一つとして著名である。主要な住民はアンボン人。主都はアンボン湾の奥に位置するアンボン。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンボン島の関連キーワードインドネシアインドネシア語派インドネシア海溝インドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシアインドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故日本のインドネシア占領《インドネシア・ラヤ》

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンボン島の関連情報