コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボン島 アンボントウ

デジタル大辞泉の解説

アンボン‐とう〔‐タウ〕【アンボン島】

Pulau Ambon》インドネシア東部、モルッカ諸島の島。バンダ海の北端に位置する。主な町は南岸のアンボン。16世紀初頭にポルトガル人がヨーロッパ人として初めて発見し、香料貿易が始まった。丁子(ちょうじ)ニクズクを産する。しばしばヨーロッパ諸国の間で領有が争われ、17世紀初頭にはオランダ人が英国商館を襲撃し、館員を殺害したアンボイナ事件が起こった。アンボイナ島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンボン島
あんぼんとう
Ambon Pulau

インドネシア、モルッカ諸島の一島。バンダ海の北端に位置し、北はセラム島に近接する。アンボイナ島Amboina Pulauともいう。面積816平方キロメートル、人口約6.7万。北東から南西方向に細長い島で、島を二分するかのようにアンボン湾が入り込んでいる。アンボン湾はかつては狭小な海峡であったが、東部に沿岸流によって砂州が形成されたためヒトゥ島とレイティモル島がつながり、現在のアンボン島がつくられた。全島山がちな地形をなし、サラフートゥー山(1027メートル)をはじめいくつかの火山がそびえる。島の周囲はサンゴ礁が発達している。1512年ポルトガル人によって「発見」された。チョウジ、ニクズクなどの香料栽培が古くから行われており、香料をめぐってポルトガル、オランダ、イギリスなどの国々の間にこの島の争奪戦があり、西欧との接触が多かった。17世紀初期に起こったアンボイナ事件はその争いの一つとして著名である。主要な住民はアンボン人。主都はアンボン湾の奥に位置するアンボン。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンボン島の関連キーワードアンボンクロザメガイサンアントニオデパレモルッカ[諸島]アンボイナガイムルタトゥーリ南マルク共和国ファン・ネックアノーボーン島アンボン事件アンボン島民インドネシアセラム[島]赤道ギニアマルク諸島マルク州パガル島デッケルアジア原耕

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android