コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーシューラー ‘āshūrā’

1件 の用語解説(アーシューラーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アーシューラー【‘āshūrā’】

イスラムの祭礼のひとつであるが,スンナ派シーア派とで非常に異なっている。預言者ムハンマドヒジュラの後,ヒジュラ暦1月(ムハッラム月)の第10日目を断食潔斎の日と定めたとされ,この日をアーシューラーと呼ぶ。これはユダヤ教のヨーム・キップール(贖罪の日)の断食を模倣したものであった。イスラム教団がユダヤ教徒と決別して後は,この戒律は信徒に強制力をもたないものとされた。しかし敬虔なスンナ派イスラム教徒は,アーシューラーの断食潔斎を自発的に行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアーシューラーの言及

【カルバラー】より

…このカルバラーの悲劇を契機に,シーア派の宗教的色彩はいっそう濃厚になった。悲劇の日はヒジュラ暦ムハッラム月10日に当たり,アーシューラーと呼ばれ,今日に至るまでこの日にフサインの殉教をしのぶ行事が盛んに行われる。かつてイランのシーア派最高指導者たちは,主としてこの地に居住し,ナジャフとともに重要な巡礼地になっている。…

※「アーシューラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アーシューラーの関連キーワードアイユーブ朝ガザーリースーフィースンナスンニー派スンナ派汎イスラム主義イードアルアドハーイスラム聖戦機構中央アジアのイスラム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone