コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーティスト・イン・レジデンス あーてぃすといんれじでんす artist in residence

3件 の用語解説(アーティスト・イン・レジデンスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

アーティスト・イン・レジデンス

国内外の芸術家をひとつの地域に一定期間滞在させて、創作活動をさせる制度や事業。第2次大戦後、欧米などで始まり、日本では1990年代に自治体などが地域振興や活性化のひとつとして取り組み始めたことで広がりを見せた。文化庁も自治体と協力して、97年から2004年まで、18の地域で「アーティスト・イン・レジデンス事業」を行った。芸術家たちは滞在期間中、創作の過程を公開したり、地域の人々と交流をしながら、作品を制作する。美術館や画廊といった閉じた空間から、芸術家と作品が社会へ飛び出すだけでなく、地域の人々の協力を得て共同で作品制作をするというケースも多い。「アーカスプロジェクト」(茨城県)、「秋吉台国際芸術村」(山口県)、「現代美術センター・CCA北九州」(福岡県)など全国に広がっており、フランス政府による「関西日仏交流会館ヴィラ九条山」(京都府)の活動などもある。

(山盛英司 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アーティスト・イン・レジデンス

国内外から芸術家を一定期間招き、滞在中の創作活動を支援する取り組み。日本では1990年代から広がったとされる。国際交流基金が運営するウェブサイトAIR_J(エアージェイ)」で国内46カ所の活動が紹介されている。同基金によると、国内外で増加傾向にあるが、個人での運営はまだ少ないという。府内では南山城村の「AIR南山城村」や、京都芸術センター(中京区)で取り組みが始まっている。

(2013-08-29 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーティスト・イン・レジデンス
あーてぃすといんれじでんす
artist in residence

美術家に一定期間、特定の場所に滞在し、そこで創作活動に専念することのできる環境を提供するプログラムの総称。地方自治体非営利団体NPO)、美術館、民間企業など運営主体はさまざまで、国際交流や文化振興、若手アーティストの発掘など、実施目的やアーティストの選考基準も多様である。恵まれた環境をアーティストに提供することによって助成する、現代版のパトロンの役割を果たす制度として広く普及した。また多くのアーティストにとっては有意義スカラシップであると同時に、滞在歴が展覧会の開催歴や受賞歴などと同様、キャリアとしての意味合いも持つようになったほか、一種の短期留学として海外の施設に滞在するケースも少なくない
 アーティスト・イン・レジデンスのプログラム形態は1970年代の欧米で定着・浸透したものである。そのルーツとしては1950年代、アメリカ、ノース・カロライナ州の山中で音楽家ジョン・ケージらの指導のもと、独創的な芸術・教育活動を行っていた寄宿学校ブラックマウンテン・カレッジの存在が挙げられる。また、ドイツのZKMやオーストリア、リンツのアルス・エレクトロニカ・センターといった美術館が主宰するアーティスト・イン・レジデンスは、まだなじみのないメディア・アートを浸透させるうえで重要な役割を果たした。
 世界各地で多くのアーティスト・イン・レジデンスが開設されており、多くのアーティストがよりよい環境を求めて国際的に行き来しているが、資金が潤沢で環境の充実している有名施設の選考は当然のことながら難関で、応募にあたって一定のキャリアが求められることが多い。欧米を比較するならば、私企業が主導権を握るアメリカと、公共機関が主要な役割を担うヨーロッパという性格の違いははっきりとしており、アート・マネジメントのあり方などにうかがわれる文化支援の差異(総じてアメリカは民間主導型、ヨーロッパは行政主導型である)が、ここにも反映されている。
 日本のアーティスト・イン・レジデンスは両者の性格を折衷した面が強いが、歴史が浅いためかまだ数も少なく、環境面のサポートにも多くの改善の余地があり、最初から海外施設への滞在を希望する者も多い。諸施設への滞在を望むアーティストは若手を中心に非常に多いが、情報の公開が進んでいるとはいいがたく、事情に精通した一部のアーティストに助成が集中する弊害も指摘されている。また範囲を現代美術に限定することなく、異分野の人間との活発な交流を図ることも課題である。[暮沢剛巳]
『企業メセナ協議会編『メセナ白書2000』(2000・ダイヤモンド社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーティスト・イン・レジデンスの関連キーワード芸術のための芸術千に一つ地域団体一つ寝百に一つ二つに一つ芸術家飼付け漁国内総生産(GDP)小豆島芸術家村事業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アーティスト・イン・レジデンスの関連情報