アールスメール(英語表記)Aalsmeer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールスメール
Aalsmeer

オランダ北西部,ノールトホラント州の都市。アムステルダム南西の旧ハールレム湖の干拓地の中心をなし,リングファールト (運河) およびウェストアインデル湖に面する。オランダにおける花卉栽培の中心として2つの花卉市場をもち,国立園芸試験場もある。町の古い部分は海面すれすれの泥炭地上にあるが,その他の部分は,海面よりも低い粘土質のポルダー (干拓地) である。カーネーション,バラ,ライラックフリージアなどの切花とシクラメンベゴニアなどの鉢物のほか種苗も生産し,輸出も行なっている。人口2万 2118 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アールスメール【Aalsmeer】

オランダ西部,北ホラント州の町。人口2万0486(1980)。ハールレム湖を干拓してできた地域で,鉢物や切花の温室栽培を中心とする花卉(かき)園芸が国際的に有名。温室栽培面積は200haを超えている。近代的な花卉取引所(1912設立)で午前中に取引された花は,隣接するスキポール空港から毎日ヨーロッパの各地に空輸されている。園芸学校や園芸試験場もあり,毎年9月第1土曜日に花の大パレードが開かれる。【佐藤 弘幸】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アールスメール
あーるすめーる
Aalsmeer

オランダ西部、ノールト・ホラント州南部の町。人口2万2662(2001)。同国の花卉(かき)の栽培と、その取引の中心地である。アムステルダム近郊のスキポール空港の南、ウェストエインダー湖Westeinder Plassen北東岸に位置。平日には大きな花市が立ち、せりの後、空港から輸出される。[長谷川孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android