コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花卉市場 かきしじょう

世界大百科事典 第2版の解説

かきしじょう【花卉市場】

花卉は一般には花の咲く草本を意味するが,園芸作物として花卉という場合は,観賞用に栽培する切花(切葉,切枝を含む)類,鉢物類,花壇用苗物類,球根類,花木類,芝類をさす。本項では,この意味での花卉の生産,流通・貿易を取り上げる。
[生産]
 花卉の栽培面積は,1972年に3万haの大台に乗せ,74年には最高を記録(3.7万ha)したが,その後減少し1995年は2.6万haとなっている。ゴルフ場,土木建設ブーム等に支えられていた芝類,花木類の需要の減少が原因である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

花卉市場の関連キーワードコベントガーデン丸果大分大同青果アールスメールベンティミリアフローニンゲン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android