コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエカ イエカ Culex

4件 の用語解説(イエカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエカ
イエカ
Culex

双翅目カ科イエカ属に属する昆虫の総称。日本には 26種が知られるが,いずれも中型で暗褐色。アカイエカは年5~6世代を経過し,春夏にみられ,雌は成虫で越冬する。チカイエカ C. molestusは一年中発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イエカ

双翅(そうし)目カ科の昆虫のうち,イエカ属の総称。黄茶色または赤茶色。雌は夜間吸血性,幼虫は汚水中にすむ。アカイエカコガタアカイエカなどが代表種。日本脳炎などの伝染病や風土病を媒介する種類が多い。
→関連項目カ(蚊)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イエカ

双翅目カ科イエカ属Culexに属する昆虫の総称。あるいはこのうちアカイエカ群を主体とする家屋内にふつうにいるカ(英名house mosquito)を指す。イエカ属は全世界で約700種,日本では約30種が知られている。ナミカ亜科の中ではヤブカ属と並び普遍的で種数も多い代表的な属である。アカイエカ群はなかでももっともふつうで,日本には九州以北に狭義のアカイエカC.pipiens pallens(イラスト)と冬も吸血活動をするチカイエカC.p.forma molestusが,そして南西諸島以南にネッタイイエカC.p.fatigansが分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエカ
いえか / 家蚊
[学]Culex spp.

昆虫綱双翅(そうし)目糸角亜目カ科イエカ属の種類の総称。世界中に600種以上生息し、人畜の吸血者としても伝染病媒介者としても重要な種を多く含む。成虫は静止時に体を水平にして止まる。幼虫は水中生活をするいわゆるボウフラで、呼吸管が細長く、これを水面に出して呼吸をし、頭部は普通水面下に沈めている。[倉橋 弘]

日本産の重要種

トラフカクイカCulex (Lutzia) halifaxiiは、人畜の吸血性はないが、幼虫がアカイエカ、ヤブカ、ユスリカなどの幼虫を捕食するので益虫である。害虫として重要なものは、ほとんどイエカ亜属に含まれる。
 コガタアカイエカC. (Culex) tritaeniorhynchusは、体長3~4ミリメートルの小形種で、体色は茶褐色。吻(ふん)のほぼ中央部には体長の約4分の1の長さの黄白色部がある。日本各地および東南アジア、中央アジア、北アメリカに分布する。成虫は4月ごろから出現し、7~8月が最盛期となり、成虫で越冬する。夜間活動する吸血性のカで、ヒトのほかブタ、ウシなどを好んで吸血する。卵は水面に固めて産み付けられる。卵数は250個ぐらいで、卵期は2日。幼虫期は栄養や水温によって異なるが、28℃で8~10日。蛹(よう)期は1.5日。幼虫の発生源は水田、池沼、水槽などである。このカは、日本脳炎ウイルスを媒介する衛生害虫である。媒介の経路は、ブタなどを吸血した際にウイルスを得て、ヒトを刺したときに移す。
 アカイエカC. (Culex) pipiens pallensは、家屋に侵入してヒトを吸血する日本でもっとも普通の種である。体長3~5ミリメートルの中形で、体は赤褐色を帯び、吻に黄白色帯がない。アカイエカはいくつかの亜種もしくは生態品種に分けられるが、本亜種はアジアの温帯地域に分布し、下水、漬物桶(おけ)、肥溜(こえだめ)跡、空き缶、ごみ処理場のくぼみなどの汚水に発生し、5~10月ごろまでみられる。夜間に活動する吸血性のカで、ヒトのほかに家畜、家禽(かきん)などからも吸血する。
 ネッタイイエカC. (Culex) pipiens quinquefasciatus(=C. pipiens fatigans)は、世界中の熱帯、亜熱帯に広く分布し、日本では小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島に生息する別亜種である。フィラリア症の病原虫であるバンクロフト糸状虫を伝播(でんぱ)する重要なカである。成虫は休眠することなく一年中みられ、幼虫はアカイエカと同じように汚水域に発生する。
 チカイエカC. (Culex) pipiens molestusは形態がアカイエカとほとんど区別ができないほど似ているが、生態的にはきわめて特徴があり生態品種の一種とも考えられる。成虫は無吸血でも産卵が可能で、休眠を行わず、冬期も吸血活動をする。いわゆる都市昆虫で、ビルの地下室の水たまり、浄化槽、地下鉄の構内に発生しヒトに対して吸血性嗜好(しこう)が強く、日本の都市での被害は年々増加している。世界中の温帯地域の都市に広く分布する。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イエカの関連キーワードアカイエカコガタアカイエカ双翅類ヒメカツオブシムシ家蚊藪蚊アブ(虻)ハエ(蠅)コマユバチ(小繭蜂)ヤブカ(藪蚊)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イエカの関連情報