コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリモンガ(錨紋蛾) イカリモンガ Pterodecta felderi

1件 の用語解説(イカリモンガ(錨紋蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イカリモンガ【イカリモンガ(錨紋蛾) Pterodecta felderi】

アジアの熱帯に主として分布する鱗翅目イカリモンガ科の昆虫(イラスト)。日本のほとんど全域に分布するイカリモンガは,前翅に錨のような形をした赤色紋をもち,裏面ははでな色彩をして昼飛性のため,よくチョウとまちがえられるが,触角が棍棒状でなく,むち状なので区別できる。彼らが静止するときはチョウと同じように翅を背面にたたむ。春と夏の2回,山間地で昼間活発に飛ぶ。開張3.5cm内外。幼虫はイノデ(オシダ科)の葉を食べ,成虫で越冬する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イカリモンガ(錨紋蛾)の関連キーワード熱帯湖ヤムコレウスアジア象鳶烏賊アジアンポップス石崖蝶ココヤシ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone