コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリモンガ(錨紋蛾) イカリモンガPterodecta felderi

世界大百科事典 第2版の解説

イカリモンガ【イカリモンガ(錨紋蛾) Pterodecta felderi】

アジアの熱帯に主として分布する鱗翅目イカリモンガ科の昆虫(イラスト)。日本のほとんど全域に分布するイカリモンガは,前翅に錨のような形をした赤色紋をもち,裏面ははでな色彩をして昼飛性のため,よくチョウとまちがえられるが,触角が棍棒状でなく,むち状なので区別できる。彼らが静止するときはチョウと同じように翅を背面にたたむ。春と夏の2回,山間地で昼間活発に飛ぶ。開張3.5cm内外。幼虫はイノデ(オシダ科)の葉を食べ,成虫で越冬する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android