コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリモンガ(錨紋蛾) イカリモンガPterodecta felderi

世界大百科事典 第2版の解説

イカリモンガ【イカリモンガ(錨紋蛾) Pterodecta felderi】

アジアの熱帯に主として分布する鱗翅目イカリモンガ科の昆虫(イラスト)。日本のほとんど全域に分布するイカリモンガは,前翅に錨のような形をした赤色紋をもち,裏面ははでな色彩をして昼飛性のため,よくチョウとまちがえられるが,触角が棍棒状でなく,むち状なので区別できる。彼らが静止するときはチョウと同じように翅を背面にたたむ。春と夏の2回,山間地で昼間活発に飛ぶ。開張3.5cm内外。幼虫はイノデ(オシダ科)の葉を食べ,成虫で越冬する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android