コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イノデ

百科事典マイペディアの解説

イノデ

オシダ科の常緑シダ。本州中南部〜九州に多く,林の下などにはえる。茎はやや大型,塊状で,葉は放射状に広がって出,光沢のある濃緑色で,長さ30〜100cm,2回羽状複葉。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イノデ【Polystichum polyblepharum (Roem.) Pr.】

山形県以南の暖地に普通のオシダ科の常緑性多年生シダ植物(イラスト)。根茎は太くて直立し,多数の葉を漏斗状に叢生(そうせい)する。葉は狭披針形から長楕円形,2回羽状複生,下部の羽片はやや逆行する。葉柄や中軸には褐色から赤褐色鱗片が密生し,下部のものほど大型になる。猪の手の名は,この葉柄の印象に由来する。葉は硬い草質,黄緑色で光沢がある。小羽片は鋭頭から鈍頭,鋸歯の先端は芒(のぎ)状にのび,しばしば鎌形にまがる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イノデ
いので / 猪手
[学]Polystichum polyblepharum (Roem.) Pr.

オシダ科の常緑性シダ。太い塊状の根茎から、長さ1メートルを超すこともある披針(ひしん)形の葉を放射状に束生する。葉柄は葉身の約2分の1、基部には褐色、黒褐色、または赤褐色の披針形で、長さ2センチメートルほどの大形の鱗片(りんぺん)が密生する。中軸の鱗片は毛状。鱗片の縁(ふち)には不規則な鋸歯(きょし)状の突起がある。葉身は2回羽状に分裂し、深緑色で表面に光沢があり、堅い草質。小羽片の裏には毛状鱗片がつき、先は芒(のぎ)状に伸びる。胞子嚢(ほうしのう)群は円形で、丸い盾状の包膜をもつ。分布は関東地方以西の本州、四国、九州にかけ、平地から低山地によくみかける。近縁種の分類には葉柄基部の鱗片が重要である。東北地方から四国までの太平洋岸に分布するアスカイノデは、鱗片にほとんど鋸歯がない。ツヤナシイノデは、葉柄基部の鱗片は卵形、中軸にも広卵形の鱗片がある。近縁のサカゲイノデでは、中軸の鱗片が下向きにつく。ツヤナシイノデは関東以西の本州、四国、九州、サカゲイノデは九州にはなく、北海道から本州にかけて寒い所に分布する。ともに陰湿な山林下に生える。カタイノデは、葉柄基部の鱗片が披針形ないし広披針形で、光沢のある黒褐色。縁には淡褐色の縁取りがある。関東以西の本州、四国、九州の山林下に生育する。サイゴクイノデは、カタイノデに似るが、葉は1メートルに達し、光沢がなく、胞子嚢群は縁に偏る。本州では中南部と北陸、四国、九州などに分布する。イノデの仲間は栽培が比較的容易で、庭植えにされることもある。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イノデの関連キーワードツヤナシイノデ(艶無猪の手)ハクモウイノデ(白毛猪の手)イカリモンガ(錨紋蛾)シールドファーンミヤマシケシダハクモウイノデカツモウイノデイカリモンガ千葉 馨陰生植物鶏脚草壁訴訟成り丈鶏足草鳥足形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android