コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカロスの墜落のある風景

デジタル大辞泉プラスの解説

イカロスの墜落のある風景

ネーデルラントの画家ピーテル・ブリューゲル(父)の絵画(1558)。原題《De val van Icarus》。ギリシャ神話を題材とし、工匠ダイダロスがつくった蝋の翼をつけて息子イカロスが空高く飛び、太陽の熱で蝋が溶けて墜落する場面を描いた作品。初期の代表作の一つ。ブリュッセル王立美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

イカロスの墜落のある風景の関連キーワードネーデルラント

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android