コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカロスの墜落のある風景

1件 の用語解説(イカロスの墜落のある風景の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

イカロスの墜落のある風景

ネーデルラントの画家ピーテル・ブリューゲル(父)の絵画(1558)。原題《De val van Icarus》。ギリシャ神話を題材とし、工匠ダイダロスがつくった蝋の翼をつけて息子イカロスが空高く飛び、太陽の熱で蝋が溶けて墜落する場面を描いた作品。初期の代表作の一つ。ブリュッセル王立美術館所蔵。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone