イカロスの墜落のある風景

デジタル大辞泉プラスの解説

イカロスの墜落のある風景

ネーデルラントの画家ピーテル・ブリューゲル(父)の絵画(1558)。原題《De val van Icarus》。ギリシャ神話題材とし、工匠ダイダロスがつくったをつけて息子イカロスが空高く飛び、太陽で蝋が溶けて墜落する場面を描いた作品。初期の代表作の一つ。ブリュッセル王立美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

イカロスのついらくのあるふうけい【イカロスの墜落のある風景】

《原題、〈オランダDe val van Icarusブリューゲルの作品と考えられていた絵画。カンバス油彩。縦73.5センチ、横112センチ。ギリシャ神話に基づき、父ダイダロスがつくった蝋の翼をつけて息子イカロスが空高く飛び、太陽の熱で蝋が溶けて墜落した場面を描く。現在、同作は無名の画家による模写であると考えられている。ブリュッセル王立美術館所蔵。イカロスの墜落。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android