イカロスの墜落のある風景(読み)イカロスノツイラクノアルフウケイ

デジタル大辞泉の解説

イカロスのついらくのあるふうけい【イカロスの墜落のある風景】

原題、〈オランダDe val van Icarusブリューゲルの作品と考えられていた絵画カンバス油彩。縦73.5センチ、横112センチ。ギリシャ神話に基づき、父ダイダロスがつくったをつけて息子イカロスが空高く飛び、太陽で蝋が溶けて墜落した場面を描く。現在、同作は無名画家による模写であると考えられている。ブリュッセル王立美術館所蔵。イカロスの墜落。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

イカロスの墜落のある風景

ネーデルラントの画家ピーテル・ブリューゲル(父)の絵画(1558)。原題《De val van Icarus》。ギリシャ神話を題材とし、工匠ダイダロスがつくった蝋の翼をつけて息子イカロスが空高く飛び、太陽の熱で蝋が溶けて墜落する場面を描いた作品。初期の代表作の一つ。ブリュッセル王立美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android