コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イキシア Ixia; Aflican corn lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イキシア
Ixia; Aflican corn lily

アヤメ科イキシア属の総称。南アフリカに約 30種が自生する球根植物。交雑しやすく,多くの園芸品種が作出されている。剣状の葉と針金状の茎をもち,花は穂状または円錐花序を形成。ほぼ同形同大の花被片の色は,白,桃,赤,緋,黄,紫,青緑などと非常に多彩。なかでもイキシア・ビリディフローラ I.viridifloraは金属光沢のある青緑色で,金属的で神秘的な花色に特徴がある。半耐寒性球根植物として花壇や鉢植えで栽培されるほか,切り花としても生産されている。アフリカン・コーン・リリーの英名は,原産地でトウモロコシ畑の雑草になっているためという。 10月頃,5cmほど覆土して植付ける。霜のおりる季節は,フレームなどの霜よけが必要。鉢植えの場合は,冬期は室内に取込む。開花後,葉が黄変したら球根を掘上げ,保存する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イキシア(ixia)

アヤメ科の多年草。球根から細い剣状の葉を出す。4、5月ごろ、高さ約30センチの花茎を伸ばし、白・黄・桃・赤・紫色などの花を穂状につける。南アフリカの原産。観賞用。やりずいせん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

イキシア

南アフリカ原産のアヤメ科の球根植物。草たけ30cm前後。球茎は繊維におおわれ,径2cm前後。葉は剣状。春〜初夏,細い花茎に穂状花序をつけ,6弁の花を咲かせる。園芸品種が多数あり,花色は黄,橙,赤,白,紫など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イキシア【corn lily】

南アフリカ原産のアヤメ科半耐寒性の小球根植物。現在一般に栽植されている園芸品種の多くは,原種が複雑に交配されたものであるといわれている。高さ数十cm~1m,剣状の葉を有する。花は多数が直立する花茎に穂状につき,漏斗状や杯状。直径3~4cm,花被片は6枚。5月ごろに咲き,花色はいろいろ。おもな原種は,花の色が黄色で中心に黒斑のあるヤリズイセンI.maculata L.,青色で中心に紅紫斑のあるイキシア・モナデルファI.monadelpha Delar.,淡黄色のイキシア・パニクラタI.paniculata Delar.,淡青緑色で中心に黒斑のあるイキシア・ビリディフロラI.viridiflora Lam.などがあるが,この属の植物は種間相互に交雑し,多くの園芸品種が育成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

イキシア【Ixia】

アヤメ科の球根多年草。アフリカ南部原産。葉は剣状で、春、白・赤・紫または黄色の六弁花を穂状に数個開く。観賞用。ヤリズイセン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イキシア
いきしあ
[学]Ixia hybrida hort.

アヤメ科の秋植え球根草。南アフリカ原産でヤリズイセンともいう。数種の原種が交雑されてつくられた園芸種で、日本で栽培するのはオランダからの導入種。球根は径約2センチメートルと小さく、葉は細い剣状で長さ15~30センチメートル。4~5月、花茎を30センチメートルほど伸ばし、先端に6~8個の小花を穂状に開く。花色は赤、黄、紫、桃、白と変化に富み、夜間や曇天の際は花を閉じる。花壇用、鉢植え、切り花用とする。9~10月、5号鉢に5~7球植え、フレーム内で越冬させるが、暖地では戸外でも越冬する。花壇では10~11月に植え付ける。花期後、葉が枯れたら球根を掘り上げ、よく乾かして貯蔵する。繁殖は分球による。[岩井英明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イキシアの関連キーワード球根類岩井数個

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android