コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イグルー イグルーigloo

翻訳|igloo

6件 の用語解説(イグルーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イグルー
イグルー
igloo

北極圏のエスキモーが冬季に住む雪塊の家。円形のプラン (平面図) の上に雪塊を煉瓦のように積み上げ,半球状の家屋を構築したもの。北極地方は建築用の資材が乏しいので,雪塊をブロック状に切り取り,これを積み上げて家の外壁とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イグルー(igloo)

氷や雪の塊をドーム状に積み、トンネル状の入り口を設けたエスキモーの冬の住居。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

イグルー

エスキモーの冬の住居。雪のブロックを積み上げた住居が有名だが,流木などで作ったものもある。雪の小屋はカナダ北端のビクトリア島バフィン島を結ぶ一帯に分布するイヌイット見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イグルー【igloo】

エスキモーの冬の住居をさす(図)。エスキモー語イグルーは雪(氷)の家をさす場合が多いが,流木その他の材料で作った家もイグルーとよぶ。雪の家はカナダ北東部やグリーンランドアラスカ北部でみられた。最近では非常に少なくなったが,狩猟や交易などで移動する時には作っている。氷や固い雪のブロックを切り出すが,その際に掘った穴は住居空間に使うので(半地下式),そのまわりに円形にブロックを積む。規模によるが,4~7段くらいで頂上になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

イグルー【igloo】

〔もとイヌイット語で家の意〕
雪をブロックに切り半球形に積み上げて作るカナダ-イヌイットの一部にみられる住居形式。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イグルー
いぐるー
igluエスキモー語

家を意味するエスキモー語であるが、とくにカナダ北東部で冬季に使用される雪小屋の名称としてよく知られる。イグルーの設営はおもに男子が行う。まず探り棒を雪中に入れて、しかるべき固さと厚さをもった雪の層を探る。次にシャベルで表層の軟雪を取り除き、締まった雪の層の上に、パナとよばれるカリブーの角(つの)でできた雪ナイフでイグルーの輪部を描く。ついでこの雪ナイフを用いて幅20インチ(1インチは約2.5センチメートル)、奥行25インチ、高さ4インチほどのブロックを切り出していく。ブロックは、上段に積むものをいくぶん内側に置いてゆき、全体として蜂(はち)の巣状に積み上げる。最後に屋根となるいくぶん小さめのブロックを積み上げる。壁用のブロックを切り出した面は床として使用する。以上の作業はイグルーの内側にいる男子によって行われるが、イグルーの外側にいる女子はシャベルを用いて軟雪をブロックの継ぎ目や穴のあいたところに詰め込む。そのあとでイグルー内部に寝台や食卓を、これもまた雪を用いてつくる。イグルーの主要部が完成したところで、次に通路とポーチをイグルーの入口に接続してつくる。ポーチは貯蔵庫、犬小屋として用いられるが、防風としての機能も重要である。[岡 千曲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイグルーの言及

【エスキモー】より

…アラスカやグリーンランドでは石,流木,鯨骨を使った半地下式の芝土でおおった住居で,中央に炉のある部屋と寒気よけの地下道式の入口をもつ構造であった。カナダのハドソン湾周辺は例外で,雪のブロックを積んだ家(イグルー)が用いられた。夏の漁労・狩猟には海岸,河岸の乾燥地で毛皮製のテントが使用された。…

【建築構造】より

…前者は当座の住居として建てるもので使い捨てである。コイ・コインの住居,エスキモーのイグルー(氷雪ブロックのドーム)などがその例である。後者にはテント構造やモンゴルのパオなどがある。…

【住居】より


[地域の自然と建築材料]
 その土地に長く生き続けてきた住居を見ると,その材料はまちがいなくそこに豊かに存在してきた物を利用している。その典型には,有名なエスキモーのイグルー(カナダのキング・ウィリアム島,メルビル半島を中心とした地域の人々が主としてつくる)がある。無尽蔵にある雪を用いて,5,6人用の雪の家が,一人の力で2時間たらずでつくられる。…

※「イグルー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イグルーの関連情報