イジー(英語表記)Jiříz Poděbrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イジー
Jiříz Poděbrad

[生]1420.4.23. ポディエブラト
[没]1471.3.22. プラハ
ボヘミア王 (在位 1458~71) 。ポディブラディとも呼ばれる。フス教徒の名門貴族出身。 1444年保守的なウトラキスト (→両形色論者 ) 派の指導者となり,1448年カトリック教徒の親ハプスブルク派に対抗してプラハを占領。 1451年等族会議により幼王ラディスラフ1世 (ハンガリー王ラースロー5世 ) の摂政に任命され,その死後国王に選ばれた。中小貴族と都市の支持を得て大領主の専横を押さえ,よく国政を整えた。このためボヘミアはイジーの治世下に大いに繁栄した。国内カトリックとの協調を第一としてボヘミア同胞同盟 (→ボヘミア兄弟団 ) に結集した急進的なフス教徒を迫害したが,1462年ローマ教皇ピウス2世と対立し,1466年教皇パウルス2世によって破門された。教皇の依頼を受けたハンガリー王マーチャーシュ1世コルウィヌスによって 1469年国土を侵され,国内大領主の反乱に直面して失意のうちに死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イジー【Jiří z Poděbrad】

1420‐71
ボヘミアのフス派の王。在位1458‐71年。フス派内の穏健派(ウトラキストUtraquist)を指導するチェコ人大領主で,ハンガリー・ボヘミア国王ジギスムントの死(1437)の後,権力奪取を図るカトリック派大領主に対抗して,中・小貴族,都市の支持のもとに,プラハを占領(1448)したのち摂政となり(1452),教皇への忠誠とチェコ兄弟団取締りを条件に国王に選出される(1458)。1462年に教皇が,ウトラキストとジギスムントの間で締結した協約の承認を最終的に拒否すると,彼と教会との争いが再燃する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイジーの言及

【チェコ】より

…またフスの宗教改革はほぼ1世紀後にドイツで行われたルターの改革運動の先駆をなしているばかりか,その教えはカトリックの反宗教改革のもとで弾圧されながらもチェコ兄弟団の中に生きつづけ,今日アメリカ北部を中心に活動しているモラビア教会の基礎をつくっている。 15世紀半ばにはフス教徒の穏健派(ウトラキスト派)に属する大領主のイジーが中小貴族と都市の支持を得て,一時ボヘミア王(1458‐71)となったが,やがてポーランドのヤギェウォ家の王がボヘミア王とハンガリー王とを兼ねる時代が2代(1471‐1526)続くことになる(ヤギェウォ朝)。
[ハプスブルク家の支配]
 この時代にビザンティン帝国を滅ぼしたオスマン帝国は,バルカン半島の諸民族を服属させ,さらに勢いを西方に延ばした。…

※「イジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イジーの関連情報