コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスマイリア イスマイリア Ismailia

4件 の用語解説(イスマイリアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イスマイリア(Ismailia)

エジプト北東部の都市。スエズ運河の中間点、ティムサ湖西岸に位置する。1863年、フェルディナン=レセップスによって運河建設の拠点として建設された。名称はムハンマドアリー朝のエジプト太守イスマーイールパシャに由来する。イスマエレーヤ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イスマイリア

エジプトの北東部,スエズ運河の中央にある都市。1863年スエズ運河開設の根拠地として建設され,イスマーイール・パシャの名にちなんで命名。カイロとはイスマイリア運河で結ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イスマイリア【Ismailia】

エジプト北東部,同名州の州都。アラビア語でal‐Ismā‘īlīya。人口26万(1992)。古代名はティムサーフ村で,1863年スエズ運河工事に伴い運河中央部ティムサ湖の北にある丘の上に建設された町。当時のエジプト統治者イスマーイール・パシャの名を冠したこの町は,運河開通後急速に発展し,70年に市となった。カイロとは運河で結ばれ,現在は各種工業も発達している。町並みはフランス風に整備されて美しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスマイリア
いすまいりあ
Ismailia

エジプト、スエズ運河の中間点にある港町。人口25万5134(1996)。ティムサ湖西岸にフランス風の市街地が広がり、同湖とナイル川とはイスマイリア運河で結ばれる。またポート・サイド、カイロ、アレクサンドリア、スエズへは鉄道、道路が通じている。1967年の六日戦争(第三次中東戦争)では大打撃を受けた。現在はスエズ運河を航行する船舶の管制指令本部があり、石油、農産物の集散地でもある。1863年レセップススエズ運河会社により、運河掘削の基地としてつくられた。イスマイリアという名の由来は、エジプト副王イスマーイールからきている。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イスマイリアの関連キーワードアシュートケナーリヤードエジプト鼠エジプト綿コプトアラビア糊古代エジプト語蘇丹エジプト風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イスマイリアの関連情報