コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスマーイール・パシャ イスマーイール・パシャ Ismā`īl Pasha

3件 の用語解説(イスマーイール・パシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスマーイール・パシャ
イスマーイール・パシャ
Ismā`īl Pasha

[生]1830.12.31. カイロ
[没]1895.3.2. イスタンブール
ムハンマド・アリー朝第4代の君主 (在位 1863~79) 。オスマン朝スルタンから初めてヘディーブ (副王) の称号を授与された (67) 。エジプトの近代化政策を実行して,1869年にはスエズ運河を開通させ,また鉄道や電信を設置し学校を開設したが,結局外債の増大に苦しみ,75年にはスエズ運河の株の大半をイギリスに売却し,76年にはエジプト財政はイギリス,フランスイタリアオーストリアの共同管理を受けるにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イスマーイール・パシャ

エジプトのムハンマド・アリー朝の副王(1863年―1879年)。しきりに開化政策をとったが財政困難となり,英国にスエズ運河株を売り渡し,英仏共同の財政管理を受けるに至り,両国の干渉で退位。
→関連項目カイロムハンマド・アリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスマーイール・パシャ
いすまーいーるぱしゃ
Isml Pahsa
(1830―1895)

近代エジプト、ムハンマド・アリー朝第5代総督(在位1863~79)。1863年、叔父サイードの後を継いでエジプト総督(ワーリー)に就任。67年宗主国オスマン帝国からヘディーブ(副王)の名誉称号を受け、エジプトの事実上の独立的立場をいっそう強化した。国内的には69年のスエズ運河完工に象徴される政治、経済、文化各方面にわたる近代化政策を精力的に推進した。とくに近代エジプト最初の国民議会(マジュリス・シューラー・アル・ヌッワーブ)の設立、綿花栽培の奨励と広範な普及は、その後のエジプトの政治、経済構造に決定的な影響を与えた。しかし、彼の性急な近代化政策は、スーダンエチオピア方面への対外拡張政策と相まって、外債の累積をもたらし、エジプトの財政は1876年に破産、以後英仏の国際管理体制下に置かれることとなった。こうした政治、経済事情を背景に民族主義運動が高まるなか、79年英仏の圧力によって退位させられた。[加藤 博]
『石田進著『帝国主義下のエジプト経済――19世紀エジプトの植民地化過程の分析』(1974・御茶の水書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イスマーイール・パシャの関連キーワード階乗カイロス貝楼皆労貝尽しオールドカイロカイロタワー藍色回廊殺人事件深海の迷路クルイロフ,P.N.

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone