コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスマーイール・パシャ イスマーイール・パシャIsmā`īl Pasha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスマーイール・パシャ
Ismā`īl Pasha

[生]1830.12.31. カイロ
[没]1895.3.2. イスタンブール
ムハンマド・アリー朝第4代の君主 (在位 1863~79) 。オスマン朝スルタンから初めてヘディーブ (副王) の称号を授与された (67) 。エジプトの近代化政策を実行して,1869年にはスエズ運河を開通させ,また鉄道や電信を設置し学校を開設したが,結局外債の増大に苦しみ,75年にはスエズ運河の株の大半をイギリスに売却し,76年にはエジプト財政はイギリス,フランス,イタリア,オーストリアの共同管理を受けるにいたった。しかし,彼は共同管理に協力せず,結局 79年にオスマン朝のスルタンにより罷免され,余生をイスタンブールでおくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イスマーイール・パシャ

エジプトのムハンマド・アリー朝の副王(1863年―1879年)。しきりに開化政策をとったが財政困難となり,英国にスエズ運河株を売り渡し,英仏共同の財政管理を受けるに至り,両国の干渉で退位。
→関連項目カイロムハンマド・アリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスマーイール・パシャ
いすまーいーるぱしゃ
Isml Pahsa
(1830―1895)

近代エジプト、ムハンマド・アリー朝第5代総督(在位1863~79)。1863年、叔父サイードの後を継いでエジプト総督(ワーリー)に就任。67年宗主国オスマン帝国からヘディーブ(副王)の名誉称号を受け、エジプトの事実上の独立的立場をいっそう強化した。国内的には69年のスエズ運河完工に象徴される政治、経済、文化各方面にわたる近代化政策を精力的に推進した。とくに近代エジプト最初の国民議会(マジュリス・シューラー・アル・ヌッワーブ)の設立、綿花栽培の奨励と広範な普及は、その後のエジプトの政治、経済構造に決定的な影響を与えた。しかし、彼の性急な近代化政策は、スーダン、エチオピア方面への対外拡張政策と相まって、外債の累積をもたらし、エジプトの財政は1876年に破産、以後英仏の国際管理体制下に置かれることとなった。こうした政治、経済事情を背景に民族主義運動が高まるなか、79年英仏の圧力によって退位させられた。[加藤 博]
『石田進著『帝国主義下のエジプト経済――19世紀エジプトの植民地化過程の分析』(1974・御茶の水書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

イスマーイール・パシャ

生年月日:1830年12月31日
ムハンマド・アリー朝第4代の王(在位1836〜79)
1895年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

イスマーイール・パシャの関連キーワードアレクサンドリア(エジプト)総合年表(アフリカ)アリー・ムバーラクサイード・パシャスーダン(国)ヨハネス4世イスマイリアファウラーヘルワーンヘディーウ生年月日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android