コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチビ イチビ Abutilon avicennae

4件 の用語解説(イチビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチビ
イチビ
Abutilon avicennae

アオイ科の大型一年草。西アジアからインドにかけての原産で,繊維をとるために中国を経て古く日本に渡来した。茎は直立し,高さ 1.5mにもなり,ハート形の大きな葉を長い柄の先に互生する。茎から白色でつやのある繊維 (天津ジュートという) がとれるので一時は栽培されたが,現在ではほとんど栽培されず,野生化したものを暖地でみかける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イチビ

【ぼう】麻(ぼうま)とも。インド原産といわれるアオイ科の一年草。全草に細毛が密生し,茎は1.5m内外。葉は心臓形で互生。夏〜秋,黄色の小花をつける。茎の表皮の下の靭皮繊維をとるが,繊維は他の麻類に劣り,ジュートの代用とされる。
→関連項目繊維作物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イチビ【China jute】

茎から靱皮繊維を採るアオイ科の一年草で,ボウマ(莔麻)とも呼ぶ(イラスト)。また葉がキリの葉に似るところからキリアサ(桐麻)の名もある。インド原産で,日本には古い時代に中国から渡来したとされる。近年,栽培はほとんどされず,野生化したものが荒地に自生している。葉は大きな心臓形で先がとがり,柄が長く茎に互生する。茎は高さ1.5mほどで,上部の葉の付け根に,夏から秋にかけて黄色の5弁花を咲かせる。果実(イラスト)は輪状に十数室に分かれ,普通各室に3個の種子がはいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イチビ
いちび
[学]Abutilon avicennae Gaertn.

アオイ科の一年草。ボウマ、キリアサ(桐麻)ともいう。中国名は(ぼうま)。茎は高さ約1.5メートル、葉は、心臓形で先はとがり、長さ10~15センチメートル、鋸歯(きょし)があり、互生する。夏から秋にかけて茎上部の葉腋(ようえき)に黄色の5弁花を開く。果実は輪状に十数室に分かれ、各室に種子が3個ほど入る。原産地はインド。日本には古い時代に中国から渡来したとされる。茎から靭皮(じんぴ)繊維をとるために栽培されたが、現在はほとんど栽培されず、荒れ地で野生化している。栽培は容易で、春に種を播(ま)き、3~4か月で成熟したところを抜き取り、乾かして葉を落とし、水に浸して発酵させて繊維をとる。栽培品種として明確に分類されてはいないが、茎の色によって白木(しらき)種と青木(あおき)種とに分けられる。白木種のほうが収量、質ともによい。繊維は粗くもろいので、単独で用いることはせず、ロープや麻袋をつくる際、コウマ(黄麻)に30%ほど混ぜて用いる。屑(くず)繊維は紙の原料とする。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イチビの関連キーワードアサ(麻)アマ(亜麻)靭皮繊維ローゼルアブチロンケナフ靭皮繊維・靱皮繊維立葵水葵チョマ(苧麻)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イチビの関連情報