コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトメ イトメTylorrhynchus heterochaetus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトメ
Tylorrhynchus heterochaetus

環形動物門多毛綱遊在目ゴカイ科。体長 20cm内外,体節数は 300ほど。吻の上には他の種類のようなキチン質の顎片がなく,代りに瘤状の肉質突起が散在する。疣足 (いぼあし) の足舌は短い。 10~11月の新月または満月の夜,体の前3分の1がちぎれて泳ぎ出して生殖群泳をする。雌雄異体。泳ぎ出す部分は「バチ」または「日本パロロ」と呼ばれ,精子または卵で体内が満たされている。釣餌として用いられる。日本,中国に分布する。 (→パロロ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イトメ

多毛綱ゴカイ科の環形動物。体長10〜20cm,体節数は約300。4個の眼は非常に大きい。日本各地に分布し,ふつう河口や汽水湖の砂泥中にすむが,秋になると生殖のために海面に浮かび群泳する。
→関連項目ゴカイ

イトメ

イトミミズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イトメ【Tylorrhynchus heterochaetus】

多毛綱ゴカイ科の環形動物。別名ゴカイ,アカグダ。日本各地に分布し,海岸の河口付近からかなり上流域までの砂泥中にすむ。体はほぼ一様の太さで長さ10~20cm,体節数は300内外。体の背面前部は緑褐色で,中央部は紅色。ふだんは体内にあって,餌をとらえるときにだす吻(ふん)には他のゴカイ科の種類がもつキチン質の小顎片はなく,かわりに瘤状の肉質突起をもっているので,容易に区別できる。いぼ足は比較的小さく,長複剛毛と短複剛毛からなる剛毛束をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトメ
いとめ / 糸目
[学]Tylorrhynchus heterochaetus

環形動物門多毛綱遊在目ゴカイ科に属する海産動物。別名ゴカイ、アカグダなど。日本各地に分布し、内湾の泥地からかなり川をさかのぼった場所まで分布する。虫体は細長く20~30センチメートル、環節数は約300個。体の前部は緑褐色で中央部は紅色。ゴカイ科の大部分の種類は、吻(ふん)に多くの小顎片(しょうがくへん)をもっているが、イトメにはいくつかのこぶのような肉質突起がある。目は4個あって比較的大きい。秋になると雌雄が成熟して、体の前部に生殖物を充満させる。そして10~12月の新月の数日後に一斉に泥中から抜け出し、水面に浮上して群泳し、産卵、受精する。この状態のものをバチ、ウキコ、ヒル、エバ、または日本パロロとよび、形態的には目が大きく突出し、後部のいぼ足が幅広くなって泳ぐのに便利になる。ボラ、キス、スズキ、クロダイ、ハゼ、アジ釣りなどの餌(えさ)にされている。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイトメの言及

【月周リズム】より

…フロリダ地方の浅海底に生息するイソメ科のEunice fucataは6月下旬から7月下旬の下弦の月のころに生殖群泳を行い,これは大西洋パロロpaloloと呼ばれ古くから知られている。日本産のイトメも10月から11月の新月と満月の数日後に生殖群泳を行う。南カリフォルニアの砂浜には3月から9月にかけて新月や満月の数日後,夜の大潮に乗ってグルニオンgrunionというトウゴロウイワシ科の魚が大群をなして産卵にくる。…

※「イトメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イトメの関連情報