コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌビワ(犬枇杷) イヌビワFicus erecta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌビワ(犬枇杷)
イヌビワ
Ficus erecta

クワ科の落葉高木でイチジクと同属の植物。関東地方以西の暖地の海岸や海に近い山地に普通にみられる。灰白色で平滑な樹皮をもち,よく枝分れして傷つけるとイチジク同様,白い乳液を出す。葉は短い柄があって互生し,長さ4~8cmの楕円形で先端は尾状に伸びる。質は厚く,裏面が淡色で葉脈が目立つ。春に,葉腋から球形のイチジク状の花序を出す。内部に淡紅色の花が密集し,花序 (果嚢) はそのまま黒色に熟して径 2cm弱となり,甘い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イヌビワ(犬枇杷)の関連キーワードイタビカズラクワ科